喜劇 愛妻物語の作品情報・感想・評価

上映館(3館)

「喜劇 愛妻物語」に投稿された感想・評価

Mac

Macの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・終始続く水川あさみの罵詈雑言には笑いっぱなし

・夏帆がめちゃくちゃ綺麗。

・ただ、ラストは少し納得いかない。(小豆島後のセックスで雰囲気は変わったものの)クズっぷりが変わらない濱田岳、川沿いで「別れよう」って言われて「なるほど、バッドエンドか」と思いきや、そうでもない。
「私たちといると、あなたは甘えてしまう」と、ぐうの音も出ないことを言われてもなお、気にしない姿にはびっくり。
結局、水川あさみが我慢し続ける関係性のままで、冒頭から何も変化がないのが、もやもやして終わった。

二兎を追うものは一兎をも得ず
みの

みのの感想・評価

3.0
口が悪い。とにかく口が悪い。
こういう愛情表現というか愛しさ余って憎いみたいな感情は私にはよく分からない感情なので普通にそそんなこと言われたら傷つくし、傷つけるの怖いから言えないし。

それを踏まえて、
こういう愛情もあるよね。と
喜劇と捉えることが出来ればそこそこ楽しい。ちかちゃんの愛情はまだ分かるんだけど、旦那はほんとにダメだなこれ。
エンディングが一番好き。

悪くは無かった。及第点
足立紳さんの脚本はもちろんのこと主人公夫婦の二人がなんといっても素晴らしい

ストーリーなんてあってないようなもので上映時間のほとんどが夫婦の言い争いなのだけど全然飽きない

同じような言い争いの中にも喜怒哀楽がそれぞれあって夫婦それぞれの気持ちや時には愛情が見え隠れしていてよかった

劇中手持ちで撮影されたカットが多かったが夫婦の生活を近くで眺めているような感覚になれて効果的に感じた

劇場が大きな笑いに包まれた映画は久しぶりでなんとも愉快な映画体験だった

夫婦やカップルが一緒に観てそれぞれの考えを言い合ったりしたら作品がなお面白く感じるかも
めっけもん
kyohei

kyoheiの感想・評価

4.2
今年観た邦画の中では一番笑えましたよ!
いやぁー観れて良かったです。

貧乏脚本家の濱田岳が演じる豪太と、その奥さんの水川あさみ演じるチカの、もうなんて言うか漫才みたいな掛け合いが楽しい良い映画でしたよ。

濱田岳演じる夫の豪太のダメさ加減には微笑ましくなりましたよ。
セックスレス過ぎて、近所の公園の奥さんをこっそり盗撮するは、大久保佳代子に欲情するは、家で大音量でVRでAVみるは、酔ってる女性のパンツを覗きこむは…のもうかなりのダメダメ夫でしたよ。

それらの行動に対して罵詈雑言のごとく突っ込んでいく水川あさみ演じチカは、なんか気持ちいいぐらいのセリフの数々でしたよ。
息を吸うんじゃねぇ!のやり取りは、痛快だったし、ホテルを裏口から潜入のくだりとか、お酒好きすきで、ワイナリーで試飲のワインを水筒に入れるシーンは、馬鹿馬鹿しすぎて笑えましたよ。

本当に微笑ましいぐらいの珍道中映画でした。
ラストの赤パンツで夫婦の絆が明らかになって、ちょっとしんみりした後のオナラ、ブーは最高でした。
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

3.5
珍しく劇場で鑑賞しました。あまりにも口汚く、引いてしまう部分も多々ありますが…。
水川さんのことがとても気になるようになってしまいました。
電マのくだりはかなりエロいです(笑)
『百円の恋』の脚本家 足立紳が2016年に発表した自伝的小説「乳房に蚊」を、自ら脚本・監督を務めて映画化

どこまでが事実なのかはわからないけど、奥さんに裏でボロくそ(もちろん面と向かってもだけど)言われてるのを、足立さんはどんな気持ちで書いてたんだろうか(笑)
ドラマティックなラブストーリーよりも、こんな夫婦の話の方がよっぽどリアルで好きだわー

川沿いの家族で号泣するシーンは、『百円の恋』の肉にがっつくシーンと同じくらい笑えて泣ける🤣
chihiro

chihiroの感想・評価

4.0
滑り込みで観てきた〜
色々な愛の形があっていいんだなぁ
タクト

タクトの感想・評価

1.6
こーゆー仕事もらえない人にはなりたくない笑笑
>|