Kaori

海辺の映画館―キネマの玉手箱のKaoriのレビュー・感想・評価

-
2020.07.31
2度目 シネマ尾道にて。

まさかあの後
あんなことになるとは思いもしてなかった。

遺作となってしまったせいか
久々の尾道ロケだったせいか
制限にも関わらず人多め。
(屋外ロケは福山の方が多い)

相変わらずあっという間。
内容は本音言うとそんなに入ってない。
テンポすごくてついていけない。
初見の方がついていけてた気もする。

他の方のコメントをみると
絶賛してるものが多いが
撮影現場をずっと見てた
私はアレがああなるのかって感情ばかり。

私個人とっては
作品の内容云々より
素人のおばちゃんがひと夏頑張ったことの記録。
そしていろんな人に支えられてやり切れたことの記録。


-----

2019.11.25 広島国際映画祭

179分。あっという間。

大林監督がすごいのは言うまでもないが
三本木さんすごいなと思う。
編集マジすごい。。

この作品については
尾道ロケのボラスタとして現場にいた。


やってきたことがこうなったのか。と
スタッフの視点で観てしまい
気になることが多すぎて
まだ感想までにいたれない。

劇場公開は来春とのこと。
今度はぜひ尾道で観たい!