小麦番長

ハスラーズの小麦番長のネタバレレビュー・内容・結末

ハスラーズ(2019年製作の映画)
3.6

このレビューはネタバレを含みます

【搾取の連鎖とうたかたの日々】

JLO好きだし、まァいっか。時間の都合で渋々のチョイスだったけどなかなかな拾いモノでした。

“大胆な詐欺” って謳い文句詐欺は日本の配給が原因であって、作品自体に罪はない。
日本の配給に騙されて『オーシャンズ8』みたいな軽快な犯罪モノを期待してはダメ。
彼女らのやった事は客のお酒にドラッグ盛って酩酊状態にさせてカード決済のサインさせちゃうって言う、なんとも原始的な犯罪。
“事実に基づいた作品” とうたう程の犯罪ではない(^^;;

描いていたのは搾取される女たちのたくましく生きていく様。と友情かな。

もうね、主人公が小柄で薄っぺらい体型の(調べたら160cmはあったけど。^^; )アジア系女優、コンスタンス・ウーじゃん。
『クレイジー・リッチ』の時は役柄のせいかあまり良い印象受けなかったけど、今回のデスティニー役は冒頭からもう頑張れ!!と応援してしまって。
人種も体型もハンデだらけじゃん!!と。
挙句にはシングルマザーだし。

んで、冒頭から搾取の連続なんですよね。お店への手数料やら仲介者への(必須ではないけど暗黙のルールの)仲介料とか。
この辺の前フリ描写もしっかりはしていたのだけど、そんな彼女たちの搾取する側の男たちへの復讐劇を楽しむ、と言うよりは、自然と仲良くなり必然的にソウルメイトとなったデスティニーとJLOの関係を羨ましく観る作品かも。

JLO好きなのってたぶん女性のが多いよね。(日本人男性はラテン系な判りやすいムンムン色気より、“清楚な中の隠匿的な色気” を好むからね。)

JLOの姉御っぷりと言ったら!!
女性ならこんなカッコエエ姉御に気に入られたい願望、あるんじゃないかな。(あの毛皮の中で抱かれてえよ!!)

にしてもJKO、御歳50歳!!
迫力のボディ!!
彼女のストリッパーぶり、ポールダンスを観るだけでも女性は価値ありかと!!(オールドネイビーでGパン畳む姿も必見(笑))

決裂してしまった後もJLOがデスティニーのティーンの時の写真を持ってて。
『もっと若い時代に出会っていたらこうはならなかったかも。』と。
大人になってから女同士がソウルメイトを見つけるのはなかなか困難。

(しかし、レビューを書けば書くほど日本の配給の宣伝の仕方、ポスターのコピーは酷いね。“ 驚愕の事実” とか “わたし達はもう媚びない”とか。(方法としては媚びてたし(^_^;)
配給が悪いと言うより、日本の映画界全般の問題なのかな。)