ハスラーズの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(56館)

「ハスラーズ」に投稿された感想・評価

感情移入できるタイプではないけどゆえに爽快、ジェニファー・ロペスがひたすらイケてる

曲が良かった
JLoのステージを観るために見たけど全体的にも最高
とりまJLo様のステージ、それと全体に漂うオーラに恋する
魅せる術を熟知しておられるJLo様、流石です惚れた

そしてコンスタンスとJLo様2人の絆が熱かったー!最高!

「この社会全体がストリップクラブ」っていうセリフは的を得ていると思った

ストリップクラブに実際には立ち寄ってはないけどその世界観を楽しんでいる自分 この作品を見てる時点でストリップクラブというものを娯楽として観てるもんね

彼女たちを批判できる人は世の中にはいない というかこの作品を観た人は特にいえない
みんなラモーラのことが大好きになってしまう映画
退屈するシーンは一つもなく楽しめたし音楽がずっと楽しい。
女たちはみんな美しくてゴージャスで超ファビュラス。

唇をテカテカにしてシャンパンがぶ飲みして踊り出したくなってしまう映画。

変に男性目線や、恋愛シーンがあまり無いのも良かった!男は金!を突き通し、女は女にめちゃくちゃ優しい…
ジェニファーロペスのコートに入りたい。
私たちってずっと最高だったよねのところは泣きました
めちゃ泣いた〜。J.Lo凄すぎん?
ディスティニーが妊娠発覚したとき『男の子でありますように』って祈ったのが一番泣いたわ。
『私たち、15歳のときに出会っていたら違ったかも』
Cardi BとLizzo、そのままで笑った。無駄にCardiにブチ切れさせるシーン作っててウケた。
あとUsher来るとこ!ヤバすぎない!あのシーンは最高だった、私ももしUsherに出会うことがあったら絶対 “What’s your name?” ってきいて “Usher, baby” って言ってもらお!ここは、ギャー震えた!
人種を越えて、世代を越えて、私たち女は助け合って共闘していこうな。『I don’t wanna be dependent on anybody, like ever.』自立していたいの、絶対に。
ふぁ

ふぁの感想・評価

3.8
開始数秒でこの映画が好きになってしまった!

社会情勢、男と女、ガワのテーマは多数あるけどシンプルに観ると、ソウルメイト最高!っていう映画かと。彼女らが本当の家族以上に親しく笑い合う姿に涙でちゃうんじゃ......。

ラモーナが最初から親切すぎやせんかとは思いましたが、いいんだいいんだ。

皆キャラと顔がたってて、楽しいです。
ジェニファーロペスの美貌は悪魔と契約しているとしか思えん。

この映画の鑑賞前に服を爆買いしてしまい、打ちひしがれていたのですが、ハスラーズ観賞後はそんな罪悪感は露と消えました!オススメです!
さち

さちの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジェニファーロペスのための映画
ひたすらかっこよかった

映画としては後半だれてしまい残念

この社会全体がストリップクラブなのよ、
金をばらまく人と踊らされる人と。
yuum

yuumの感想・評価

4.0
ストリッパーの映画だけど、ワルい遊びは自己責任なら楽しめばいい、けれど他人を傷つける悪い事をしたら許されませんよ!がテーマの教訓映画。この共存のルールを唱えた思想家ミルと同時代を生きた作曲家ショパンの繊細なピアノ曲と、00年代のギラギラポップス音楽の掛け合いが絶妙!
‪セクシーでゴージャスな痛快クライムものかと思いきや、実話を基にしているだけあってかなり生々しい内容に少しショックを受けた。‬
‪女を売りにして生きるという事は簡単でもなければ楽でも無いというどの時代でも変わらない事実の2010年代版のお話。‬

‪それにしてもJ.ロペスがイケメンすぎる。‬
tomoya

tomoyaの感想・評価

3.6
リーマンショックでストリップに来なくなった金融マンが相変わらず裕福な生活をしているのが腹立つから、彼らからお金を騙し取ってやろう!っていうクソほど自己中な映画。でもこれがカッコよくスタイリッシュに見えるのはジェニファー・ロペスの演技あってのことでしょう。50歳って本当かよ笑

ただやり方がそこまでカッコイイかどうかは微妙。「オーシャンズ8」の様にさあやってやろう!って感じで勢いよくいくのは良いが、結局は酒に薬入れるというあまりにも古典的な方法で金を奪っていくので拍子抜けした部分もあった。

そして彼女らの友情もまた目を引くもの。どんなコミュニティであろうとそこでの関わりは絶ってはいけない。母親であるという共通項もその友情をより強くさせる。

最後にコンスタンス・ウーにあのメイクは似合わないと思う。そこだけ少し残念。
クレイジー・リッチのコンスタンス・ウーが前作の華やかさから一転というまずそのインパクトが強い。
お話自体は困窮した負け犬が違法行為で一瞬だけ勝つという割とお決まりなパターンなのだけど、ジェニファー・ロペスとコンスタンス・ウーの掛け合い・イチャイチャを観てるだけでほっこりする。
最後に空を飛ばないテルマ&ルイーズみたいなもんか。
個人的にはリリー・ラインハルトちゃんが可愛かったので、もっと彼女のキャッキャするシーン欲しかった。