nolose

FINDのnoloseのレビュー・感想・評価

FIND(2019年製作の映画)
5.0
この映画を観る人は出演してるアイドルのオタクしかいないと思いますが、私も熊澤風花さんのオタクの端くれです。

従って熊澤さんの活躍が見れただけで、この映画はもう5億点です。無駄に聖母子像を映すシーンがありますが、熊澤風花=聖母というメタファーなのだと理解しました。個人的にはふうちゃん天使説を推しているのですが、まあ許容範囲内の表現のズレでしょう。

さて映画の中身に目を映すと、ホラー映画はアイドル映画の定番ですが、本作のホラー要素は相当低いです。

怪人の移動速度と戦闘力はバイオでいえばタイラントというより雑魚ゾンビレベル。手負いの状態でも果物ナイフで撃退可能です。この怪人相手なら豆腐モードでのクリアも簡単です。

また密室に閉じ込められてると思いきや、正面玄関から外に出られる親切設計。外は快晴でとてもいい天気です。

なのでホラーというよりは黒幕は誰かというサスペンスものとしてあたたかく見守るのが正しい見方だと思います。実際中盤くらいまでは意外と見てられます。

途中から「こんな時代なのに」とか、「時代のせい」とか何やら事件の真相に関わりそうなキーワードが出てきますが、特に回収はされません。また、ラストには直接的な黒幕と、より大きな黒幕が明かされますが、謎が明かされた爽快感はまるでありません。

結局殺される女の子たちが何をしでかしたのか、黒幕には何の見返りがあるのか、そもそも最初の感じ悪い男は関係あるのか、この辺は謎のままです。が、アイドル映画という性質上、そんなことは気にしてはいけません。

ただ最後に一言言わせて頂けば、アイドル映画にメイキングシーンは必須でしょうが!