ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジの作品情報・感想・評価・動画配信

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ2021年製作の映画)

Venom: Let There Be Carnage

上映日:2021年12月03日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」に投稿された感想・評価

前半、テンポがいいというよりも大慌てで巻いてるような印象。
対決シーンは薄暗く鳥目老眼にはつらい。
人間の頭をパクってするシーンはレイティングに配慮しすぎて不自然なのはもうご愛嬌。
敵役のキャラや対決の舞台など、潔い古臭さに好感が持てる。
シンビオートの特性(増殖方法、宿主なしでいられる時間など)がわからないので少しもやもやした。
カーネイジがあんまりカーネイジしない

やはりディズニーとの兼ね合いもあるのか残虐な場面は厳しそうな印象で、キャラクター本来の良さが半減しているのは前作同様

折角の犯罪者役最強俳優ウディ・ハレルソンもこれでは宝の持ち腐れ、凶悪さが素敵なのに観ててしょんぼりしちゃうぜ

めっちゃ悪いシリアルキラーに取り憑いたシンビオートですからやられ方も呆気なさを否めなかったんだ、僕

ミシェル・ウィリアムズたんは今作でも年齢を全く感じさせないエロス、2時間ぐらいコテンパンに説教されたい

それは兎も角、今作ではエディと離れたヴェノムが単独で仮装パーティーに参加する場面がございますけれども

大変クオリティのよろしいコス等と揶揄され、一躍パーティーの人気者と化す彼はもはや一流のレイヤー

ヴェノム氏の特徴はやはりその長い舌、あの舌を駆使して様々な舐りも可能となりましょう

小生もいつの日かそのヌメヌメ感を堪能したく余生を過ごしている訳です

以前奇跡的なマニアック女子から「どんな女性がタイプ?」と聞かれたのに対し「ヌルヌルした女」とローリー寺西氏同様の回答したところ

「何それ」と若干の非難を受けましたので真面目に「フランス人」と答えたところその後距離を置かれた経験は私の心をゆるやかに虐殺しました

本当の意味でのカーネイジ、それは決して外見ではなく人の心の内にある闇なのかもしれませんとか手塚治虫のブラックジャックでいう人面瘡みたいな感想をもってヌメヌメした夜にDIVE!

ときめきが消せやしない
いま、あなたに伝えたい
rity

rityの感想・評価

3.4
エディと喧嘩して1人になった時でも人を食べない誓いをちゃんと守ってたのがカワイイ。
nami

namiの感想・評価

-
面白かった!😙

しゃんちーのラストみたいなのもあったし、何かに繋がるのでしょうか??🔰
Sou

Souの感想・評価

3.4
3Dで観たらさらに面白そう。
ウディハレルソンはやっぱり色気ムンムンでカッコよかったです。
♯54 ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース【SSU】という言葉を最近知りました。

舞台は、米国のサンフランシスコ
主人公はシンビオートに寄生されてヴェノムとなったフリージャーナリストのエディ。
ヴェノムは、悪人以外人間を食べてはいけない為鶏肉とチョコレートを食べて飢えを凌いでいた。
エディはジャーナリストで一旗上げる為連続殺人鬼のクレタス・キャサディに取材を敢行、二度目の取材でエディは腕を噛みつかれクレタス・キャサディがシンビオートと融合し赤いカーネイジに覚醒する。
カーネージの能力を得て脱獄した彼は、高周波を出す女性ミュータントのフランシス・バリソン/シュリークを脱獄させ、2人で【ナチュラルボーンシリアルキラー】になるお話です。

◆良い点/注目ポイント
・チンピラにみかじめ料をせびられていた中国系の女主人チェンさんの年齢が、39歳という告白に驚きます。老けてるなと思ってネットで調べたらペギー・ルーという女優さんで実年齢59歳でした(笑)20際のサバ読みは新しい。
・最近ハリウッド大作映画の劇中で登場するパイクはドゥカティ(DUCATI)が、多い気がします。
・エディがPCで、ネットニュースを見ている時そのサイトが、SPIDEYの【デイリー・ビューグル新聞社】なのは伏線。
・この作品のエンドロールの映像と『スパイダーマン・ノーウェイ・ホーム』のエンドロールの映像がやっとつながりました。
ただサムライミ三部作を観ているので、何も驚きません。

◆改善点
・ウディハレルソンの彼女役は、売り出し中のナオミ・ハリスではなく、ジュリエット・ルイスが正解。
・ヴェノムの字幕や吹替えは、この際関西弁にしたほうが良いと思います。

◆総括
・直近のMARVEL映画『モーピウス』も
ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース【SSU】なのでDisney+に加入しなくても大丈夫。
DVDレンタルが出来るのが魅力です。

-2022年54本目-
シ

シの感想・評価

4.0
相変わらずオモローやね
>|

あなたにおすすめの記事