ザ・バッド・ガイズの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「ザ・バッド・ガイズ」に投稿された感想・評価

ムトゥ

ムトゥの感想・評価

3.8
ドラマ版とは異なり、マ・ドンソクを主役に据えた劇場版。主役の影響か、コメディ色が強くなってる。美味しいところは全てマ・ドンソクが持っていく。

このレビューはネタバレを含みます

シーンの切り替わりが多くて話が集中しにくいかな。
マ・ドンソクが人を殴り投げ飛ばすと私は笑顔になるので好きな映画だけど。
抱っこして背骨折るシーン最高だった。
ところどころ、にやってしちゃうシーンもあってよかった。
「ムショに行く前にマ・ドンソク(狂犬)を放て!」
【BS/WOWOWシネマ/放送録画視聴/シネスコサイズ】

テレビドラマの劇場版とは知らずに成り行き視聴。
当初、観る予定はなかったが、冒頭マ・ドンソクが出ていたのでそのまま期待して観た。
映画の設定自体は過去のハリウッド映画にもよくある悪党VS悪党。元警察官の悪党たちは刑期が軽くなるための動機であるが、徹底して相手を潰す姿にはシビれる。
突っ込みどころ満載であるが、激しいアクションは観客を引き付けるだろう。

何と言ってもパク役のマ・ドンソクだ。人相の悪いゴツイ大きな顔と巨大な体が登場するだけで、その場の雰囲気は激変する。アクションも豪快で相手は痛い目に合う。しかも、ナイフで刺されても全く関係がなく肉弾戦をする姿は、悪党だがスーパーヒーローに見えてしまうから不思議だ。
紅一点の天才詐欺師クァク役のキム・アジュンも好演だ。スレンダー美女でありながら、頭脳明晰な役は面白くてスカットした。

本作は韓国の社会問題を皮肉たっぷりに描いていることも興味を引く。警察や検察の腐敗から反日問題まで出て来る。反日問題では豊臣秀吉の名前が出て来た時はビックリだ。どうも日本は韓国から過去に遡って嫌われているらしい。
ラストアクションでは「燃えるドラゴン」を思わせる巨大悪党との死闘が印象的だった。
ただ、ミステリー部分が少し弱く、展開も単調だったのが悔やまれる。

本作はコメディタッチの場面も多く、アクション好きとマ・ドンソク好きにはたまらない作品だ。
2021年、最後の鑑賞かな🎥
今年一番よく見たM.ドンソクで納め。
記録。
「タマネギ ハ ヌッキ デ オネガイシマス」

2014年のドラマ『バッドガイズ〜悪い奴ら〜』をベースにした劇場版。ドラマ観てないにも関わらず鑑賞した動機はもちろんマブリー。

襲撃された護送車から凶悪な犯罪者たちが脱走。警察上層部はこの由々しき事態の解決を図るため、服役囚を集めて結成された特殊犯罪捜査課を始動。「伝説の拳」の異名を持つウンチョルを始めとするメンバーは減刑を条件に野に放たれた凶悪犯を追い詰めていくのだが…。

いち映画としてみると良くてそこそこ、いや、褒められた出来じゃないかなぁって思ったのが正直なところ。テンポ悪めでちょっとダルいし。ドラマ版を観てないからって事もないと思うんですよね。

だけど、マブリーのアイドル映画として観る分には割とイイ。そう、きっとそう。本作はマ・ドンソクを愛でるために存在してるんですよ、きっと!

たまにク●みたいな歌歌ってるアイドルいるでしょ?でもファン的には歌なんか正直どうだっていいって思ってたりするでしょ?アレと同じなんですよ(暴論)

剛腕パンチが炸裂し、キュートな一面を覗かせてくれりゃぁ満足感得られるってのが我々マブリストなんですよね。

「伝説の拳」と恐れられているにも関わらずミシンの練習をするマブリー可愛い。その拳にはピンクの手袋…可愛い。さらに本作ではキス顔や、ラスボス戦でまさかの日本語まで披露。最高かよ。

そんなわけでこれ、傑作アイドル映画です。クライムアクションとしては…うん、そんな感じです。
うーん、正直ちょっと期待外れw

「狂犬を解き放て!」ってほど3人が狂犬じゃないのよね。ノスンは根っからの悪女だと思うけど、ウンチョルとユソンは根がいい奴過ぎて全然悪くないじゃない笑。

アクションは派手で面白いし、サイコパスのイカれ野郎とマブリーが戦うとこは緊迫感あったんだけどね。
1個1個のエピソードの繋がりが弱くてブツ切り感があるせいで連続ドラマの総集編みたいな薄さになっちゃってる気がするんだよな。役者もキャラもいいのになんだかもったいない作品。

とは言えラストの倉庫での乱闘はなかなか見応えあってよかった。けど突然現れたテコンドーの彼は誰??笑

そういえば日本のヤクザやってた俳優は誰なんだろ?普通にヤマグチ組って出てたな笑。

全体的にはアレでしたが、マブリーパンチとドア突き破り伝統芸&ぼくのドタイプなキム・アジュンのセクシーさは最高でした。点数の内訳はほとんどキム・アジュンのセクシーさです。
緊張と緩和がちょうどいい!
あんな笑えるキスないわ!
敵が落とした武器を使わず素手でいくマブリーが最高!
2021年末。今年観た映画の棚卸しとして。

待ってました!のマ・ドンソク映画。
マ・ドンソクの大活躍が観られるだけで満足な1本。

劇場で5本ハシゴして、最後にマ・ドンソクの大活躍って最高じゃねえ?

2021年に劇場で観た映画の中で6位(26本中)です。
(今年はかなりの本数が少ないです)

(2021/04/17 ユナイテッド・シネマなかま16 2D 字幕)
マ・ドンソク強すぎでしょ😅
複数人の刃物相手に素手で立ち向かうとか、わやでしょ 笑
マ・ドンソクは勿論カッコいいんですけど、班長もカッコよかったです!!

このシーンいる?と突然ギャグシーンを入れてきたりします。

アクションも楽しく、最後まで観られました!

あなたにおすすめの記事