Inori

1917 命をかけた伝令のInoriのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
3.5
各カットが絵になるし、内容は戦争を描きつつも映像が美しくて惚れ惚れする。『プライベート・ライアン』を思い出した。話も似たようなものでいたってシンプル。ひたすらある人物を探して戦地を突き進むというもの。この映画の特徴は長回し。ほぼカット無しでずーっとカメラが主人公を追い続けるので、最後辺りの疲れた感じは観客にもよく伝わってくる。映像があまりに美しいので、戦争がロマンチックに見えてくるのが怖かった。話が、限られた時間の中でひたすら移動する話であることから、じっくりと現実を飲み込む暇が主人公にもなければ観客にもない。時々ふと静けさが舞い降りるものの、ほぼ休みなく動き続ける怒涛の2時間である。各所に出てくる重要人物がそれぞれ印象に残るキャラ(俳優)で、そこも見どころのひとつだった。会話が少なく、各所に出てくるものにきっと意味があるんだろうなぁと思わせる、ちょっと詩的な一作。