わいぼーい

1917 命をかけた伝令のわいぼーいのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.8
観てきた。
やばい、凄すぎる。
瞬きが勿体なくて目ぇバッキバキになった。

本年度アカデミー3部門受賞、最後の最後まで作品賞を獲ると言われていた下馬評は伊達じゃなかった。

確実に全編ワンカットではないのに、序盤の宣伝でそれを謳ってたのはあくどさを感じるけど、『バードマン あるいは〜』の衝撃再びでござんした。
ワンカット長回しだとどうしても起伏が付け辛くなりそうだけど、臨場感と伏線回収でダレさせない展開は見事でしかなかった。

敵地前線を駆け抜け、伝令を届けるという単純なミッション。
その最中の緊張感がありえない領域まで張り詰める。画面の外側までそろりと覗きたくなり、同じように息を潜めて目を見張る。
宣伝でむやみやたらに没入感、没入感言うから、絶対使いたくない…けど、これは没入感!!めちゃくちゃに没入感!!!

どこに敵軍が潜んでるか分からないストーリー上の要因もさることながら、雲ひとつ、太陽の傾きひとつをとってもズレることが許されない。その極限状態とも言える撮影現場の一瞬感が、そのことを知る筈もないこちら側まで伝わってくる。

えぐいぜ、メンデス。
えぐいぜ、おじいちゃん。