dm10forever

1917 命をかけた伝令のdm10foreverのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.5
【緻密】

来たね~~。
鑑賞前の期待値を軽く飛び越えてきた噂どおりの「傑作」です。
まったく、今年は前半から傑作ラッシュが止まらないね。
これでもアカデミー賞の作品賞が獲れないのか!と深い溜め息をついてしまうとともに、「パラサイト」の偉業がとんでもなく凄い事なんだと改めて感心してしまう。

「カメラを止めるな!」の視点を変えるとこんなとんでもない化け物が出来上がるという現象(もちろん、規模も資金も何もかも違うけど)。

観る前は「ワンカット」という言葉が独り歩きしていて、
「どうせ、全編ワンカットなんて無理だろうし、全編通して「ワンカット長回しシーンが沢山あります」ってくらいでしょ?」
くらいに思っていましたが・・・。

宣伝に偽りはありません。
確かに「完全なるワンカット」ではありませんが、むしろ「全てがワンカットに見える」という事を極限まで可能にした編集技術や、それを作り出すために細部まで綿密に練られた構成、長期間に渡って繰り返し行なわれたリハーサルなど、「作品の完成度」という点では激賞レベルです。
観ているこちら側を完全に「3人目の主人公」とすることで、今まで体験することのなかったような没入感や緊張感を得られます。
これは家のリビングで片手間に観ていたら決して得ることはできない感覚です。
真っ暗な劇場のスクリーンで完全没入状態で体験してこそ!です。

ネタばれになるのかな~?
ストーリーは単純明快だから隠すようなものではないけど、それでもやっぱり・・・
フィルター掛けます。

ただ一言。

「これは劇場で体感すべし」