Caprice9

1917 命をかけた伝令のCaprice9のレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.5
ぬかるみの焼け野原に転がる死体、川に流されて重なり合う死体、もう匂いがしないことが唯一の救い…

荒んだ戦場から牧場、激流、場面はどんどん変わるのにずーっと続いていてハラハラもドキドキも超えて圧倒されて、終わったあと感動もなにも感じない不思議な感覚だった。
映画的に映像的に批評するのはわからないけど戦争を体験させてくれたのは確か。