ツネイシ

1917 命をかけた伝令のツネイシのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
3.9
サム メンデス監督がおじいちゃん
から聞いた武勇伝を元にしたお話。

伝令としてドイツ軍の罠に嵌った
部隊に将軍からの進軍中止命令を
届ける為に前線を横断したふたり
の伝令兵の冒険行をワンカットで
魅せる。

最前線の塹壕や荒野を駆ける2人
の地獄めぐりの臨場感が凄い。

凄くゲームっぽい絵作りでした。

2人を追いかける絵ばかりでなく
アクセントになるイベント挿入の
仕方もよく出来たゲームみたい。

ラスト オブ アスとか。

映画ではブッシュウィックが
景気付けで飛行機やらヘリが
落ちるトコとか共通点あった。

伝令兵スコの冒険譚としては
映像の臨場感もあり素晴らしい。

が、ドラマはゴールしたら終わり
で若干尻すぼみだった印象。

最後に一波乱あるかもみたいな
フリがあったのに特に問題とか
起きなかったので。