かまちょ

1917 命をかけた伝令のかまちょのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.2
Dolby cinemaにて観賞
圧巻でしたね。
予告の段階からこの作品は音響のいい環境で見る事を決めてましたがやっぱり正解でした。

話題の「擬似ワンカット撮影」ですが序盤、カット割のことばかり気になり物語に集中出来なさそうだったので、早々に諦めました。(ここは配信が始まったらメイキングと合わせてじっくりと見たい)そこからの没入感は凄かったですね。ありきたりの表現ばかりになりますが、完全に「追体験」。

突然の爆音、銃声はDolby cinemaも手伝ってか、思わず身体を避けてしまうほど(笑)。緊張の場面では身体に力が入りっぱなし。味方と合流すると「はぁ〜。。。」と一息ついたり。。。と。

貧弱に見えていた主人公も中盤ぐらいからは頼もしく格好良く。。。

そして予告で散々見ていた前線を疾走するシーンですが、やはりストーリーを追ってからのあのシーンは最高でした。

あれだけ命をかけた任務が「たった一つの指令」を伝える事。
そしてその指令も翌日には違う指令が届く…
通信技術が未発達だった当時の戦争。他にもどれだけの任務で人命が失われたのか、
先日観賞した「ジョジョ・ラビット」もそうですがやはり戦争は何も生まない…という事を再認識した傑作でした。

観賞を迷っている方、是非映画館で見て頂きたい作品です。
そして「音響」に追加料金を払う価値のある作品です!(笑)