カリオット

1917 命をかけた伝令のカリオットのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.0
これは絶対に映画館で見なくては!!という焦燥感に駆られて、IMAXレーザーにて鑑賞。(ダンケルク以来のIMAXでした!) ライフルを装填して発砲する時の音に謎の懐かしさを感じてしまいました笑。
そんな大画面で見た価値がありました。忘れられない映像体験になったから。
全編ワンカット風の映像が凄まじい。一瞬たりとも休みことができなかった。これは主人公と完全に同化してしまっていたのだろう。それ故に映画が終わった後の疲労感が半端じゃなかった(座って見てただけなのにね)。
序盤の無人地帯含め至る所に死体が放置されているシーンからは死の臭いが漂ってきていた。"生"を全く感じることのできない戦場から草木が生茂る森まで様々な場面が出てくるがどこにいても"死"の気配を感じた。気がつけば、ゲームでいうステージが続々と登場してきて、それをどう乗り越えて先に進んでいくのか?という風に見てしまっていた。ある意味戦争映画のようで戦争映画じゃなかった気がする。

所々に名英国俳優が配置されていたのも良かった。いつベネディクトが出てくるのかなとウズウズしながら見るのもある意味楽しかった。あとマッデンのラスボス感に思わずおっとなった。
最後に、主人公の運動量すげえなとか思っていたが実際の本人はそこまでマッチョじゃなかったので、謎にギャップ萌えした。この映画観たら彼の沼落ち確実らしいが、私はそう簡単に沼落ちはしないよ。まあ彼のことはこれからチェックしていくけど。