MayukoSugiyama

1917 命をかけた伝令のMayukoSugiyamaのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
-
嘘みたい、これが作られた話ならまたまたぁってなるほど不条理でもうめちゃくちゃ。でも、これが第一次世界大戦の数多あるストーリーのなかのひとつの実話なんだね。。

手を怪我した相方に、これじゃマスかけねえなって言って、いや逆の手だよていう会話以外、気が緩む瞬間が1秒もなく、終始異常な緊迫感。
ワンカットがその緊迫感をかなり助長させてるし、映像の広大さや虚無感、音のあまりのリアルさはすごい。
駆け込みで無理やり映画館でみてよかった!

戦争って1600人のまとまった人の死のように思うけど、1人×1600の死なんだよなあ、、

兵士だからって、お国のためだからって、感覚がおかしくなってるわけじゃない。

戦時中も、当たり前に、おなかもへるし、性欲もわくし、爆弾の音はいちいちうるさく感じるし、家族と離れて寂しいし、痛いものは痛いし、死はなによりも怖いし、仲間の死は悲しいし、全部今の私たちと変わらない普通の感覚の人たちが戦争でこんな悲惨な目に遭って、、戦争反対です!
目を伏せたくなるシーンがたくさんありましたがやっぱり劇場で見てよかった〜