みどり

1917 命をかけた伝令のみどりのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.0
例えばこの映画だったら、最後には絶対伝令が伝わることが既に分かって見ている。それなのに始まった瞬間から最後まで、死がすぐ側にあるように感じた。どのシーンでもあと一歩踏み出したら弾が飛んできて主人公の頭を貫くのではないかという緊張感があった。ホラー映画にも似たような、なんとなく…「何も来ないで!!」と願いながら観てました。面白かった