アロー

1917 命をかけた伝令のアローのネタバレレビュー・内容・結末

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

長回しがすごいのはもちろんだけど、映像がとにかく美しくて見入ってしまった。特に主人公が真夜中の廃虚で目を覚ますシーン。暗い窓にオレンジ色の光が炸裂して、思わずハッとするぐらいキレイだった。

ストーリー自体はシンプルだけどしっかり胸に響く作品だと思う。人間が愚かな戦いをしている横で牛がのんびり牧草を食べてたり、死体まみれの川に綺麗な花が咲いてたり。たとえ人間が何をしていようと自然は変わらず動いているというのがショッキングだった。
なんか心のどこかで「綺麗なお花は人間が幸せなときにしか咲かないものだ」と勘違いしてたことに気づかされた。