Violet

1917 命をかけた伝令のVioletのネタバレレビュー・内容・結末

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

全編ワンカットってどういうこと?
って思ってたけど、
実際は全編ワンカット「風」の作品だった。
でも、このワンカット「風」というのが功を成した作品。
下手に「全編ワンカット」にこだわらず、あくまでも「良い作品にすること」に重きを置いたからこそ出来上がった作品。
重きを置くポイントを間違えなかったからこそ、ワンカットシーンがよく生きて、緊迫感が観客にしっかり伝わってきた。
これは文句なしのアカデミー賞映像賞だ!

そして、物語は極めて単純。ただ走るのみ。
これもよかったと思う。

1917において、ワンカットの臨場感と切迫感が生まれたのは、「伝令を伝えるために走る」という極めてシンプルなプロットかつ、この伝令がブレイクの兄をはじめとした多くの仲間達の命がかかっていてる重大な任務であったいう点にある。

その分人物像などの描写は希薄になるが、
人物間のやりとりや、動作の中で
人物の性格や気質、そして苦悩が浮かび上がってくるところも素晴らしい。

ブレイクを失い、1人で任務を遂行することを決めたススコフィールドが川に落ち、絶望するシーン。
ここで桜の花びらが流れてきて、スコフィールドがブレイクを想い歩み続けようと決意するシーンが印象的。

いつ敵が襲ってくるかわからない
敵軍がいなくとも罠がかかっているかもしれない
全てに対して疑心暗鬼
そんな恐怖と切迫した雰囲気をスクリーンからひしひしひしひしと感じた

銃弾が止まらない中駆け抜けるシーンは
鳥肌が止まらなかった!!!!
わたしはなぜか涙も止まらなかった!!
映像はもちろん、音響効果も観客の興奮と映画の臨場感を最大限に引き出す役割を果たしたと思う。

そしてひとつのテーマとして描かれていたのは「家族」。
家族のために戦っている、必ず家に帰るというブレイクと、
故郷には帰りたくないんだというスコフィールド。
しかし、本当は2人とも家族を何よりも大切に思っていた。
戦争の経験がブレイクよりも豊富なスコフィールドは、
家族への想いが時に冷静な判断を狂わせ、命を落とすことにつながってしまうことを知っていた。
だから、あえて家族のことを考えないようにした。
それでも、生への執着を生むのはやはり家族の存在。
ブレイクやスコフィールドだけではなく
戦争に参加した兵士のほとんどに大切な家族がいるのだ。
それは敵国であるドイツも変わることはなく、ドイツ兵のベッドにも家族の写真が飾ってあった。
家族を想う気持ちに人種も国境もないのだ。
兵士1人が命を落とすということは
その1人の周囲の人間も殺しているということ。
そう考えると、戦争は命を落とした人々以外に何人の犠牲者を生み出しているのだろう。

この映画のタイトルは1917。
しかし、第一次世界大戦が終戦を迎えるのは1918年11月11日。
この戦争が終わるのはまだ先の話なのだ。
ここで描かれている凄まじい1日は、
戦争のほんの一部に過ぎないのである。
わたしはそれに気づいたときに、
改めて戦争の恐ろしさを思い知った。