ひいらぎ

1917 命をかけた伝令のひいらぎのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.3
映画館を没入装置として機能させる映画。
とにかくIMAXで見るべき映画。画の迫力から音響、展開など全てにおいてワンカット風であるが故に自分がその空間に溶け込んでいるかのような感覚に陥る。
ストーリー自体は他の戦争映画のようなドラマ性は薄いがその分伝令という一見地味そうで重要な兵士の任務を痛感させられる。
戦争は将軍・政治家によって行われるのではない。戦場にいる農家、銀行員、営業マンなどの一般市民から成る兵士によって為されるのだ。