1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

豆

豆の感想・評価

4.0
久しぶりに見ごたえのある映画だった。
ロングテイク(もどき)2つで構成されてていて、賛否分かれる演出だと思うが、個人的には戦争を一人称で体験しているようでぐっと引き込まれた。
自身とすっかり同化した主人公が死にものぐるいで伝えた伝言を、あっさり受け流す上官。英雄に捧げられるべき歓声も称賛もないエンディングは、戦争において個人の命などいかに軽いか痛感させる。
どうやって撮影したのかが気になった。休む暇もなく緊張感が続いた。見てる方も緊張がした。
Kazuho

Kazuhoの感想・評価

4.0
新宿の人並みかき分けるときずっとこんな感じだな
第二次世界大戦を描いた作品は数多くあるけど、第一次世界大戦を描いたものはそれほど多くない。塹壕の中での兵士の動きや砲弾で開いた穴の中に溜まっている水。まさに知識として知るWWⅠがそこに映像化されている。画面全体に無数の死があり、ハエやネズミ、カラスがそれを象徴している。カメラワークも秀逸で、VRゴーグル無しで苦しいくらいの臨場感を味わうことが出来る。このロケはどこで撮ったのか、本物の塹壕はヨーロッパにまだ残っているのか気になった。
いつ死ぬか分からないのに死んだら味方が大勢死ぬ命令を遂行しなければならない主人公達の緊張した表情で自分も顔がこわばってしまいました。休み休み見ることで楽しめました。
ネタバレにもならない事なので書きますがこの映画主人公目線のカメラワークがひとつも無く主人公を第三者の視点から見るカメラワークのみだった気がするんですがこれって結構ある手法なんでしょうか?カメラワークに気を付けてあまり見たことがないので分からないのですがその部分に斬新な点がありました。まだ見てない方もそこに注目して鑑賞してみてください。
ふみ

ふみの感想・評価

4.3
第一次世界大戦中に伝令を届けた話。

戦争モノにしてはかなり話はシンプルです。
ほぼワンカットと聞いていたので中弛みしないかなと心配してましたが、かなり面白い。
爆撃の迫力、フランスの草原の美しさ、廃墟に敵が潜んでいる恐怖、これらがテンポよく映し出されます。

ワンカットだからこそいつの間にか場面が変わっていき、本当に主人公と戦場を共に歩いてる感覚に陥ります。

第一次世界大戦が舞台って所も良いです。あまり見ない銃剣がロマン満載ですよね。

戦争映画が重くて苦手という人には、話も分かりやすくてかなりオススメです!
ktgw

ktgwの感想・評価

3.5
戦場のリアルな雰囲気と、全編ワンカットで撮ってるような表現は凄いんやけど、話としてはあんまりかな。

明朝までに前線に伝令を届けるというストーリーなのに、ワンカット風だから、作品内での時間経過が分かりにくいし、どこまで進んでるのか分からないから、間に合うのかのドキドキできないし。

まあ、監督もこの雰囲気を撮りたくて、内容は二の次やったのかなと想像する感じ。

ベネディクトカンバーバッチがちょい役で出てきてたのは面白かった。
コリン・ファースは、初見では気付かなかった。
jumo

jumoの感想・評価

4.0
出発する時にはいろいろな荷物を抱えていて、ドイツの塹壕で生き埋めになりかけた時はヒンヒン泣いていたウィルがどんどん強く、身軽になる、その成長っぷりに涙
ラストの前線を横切るシーンなんて、「ちょっとコンビニ行くね」くらいの軽装っぷりで、極限の状態で余計なものを削ぎ落とした人間の姿って美しい…ていうかジョージマッケイはいつでも美しいよな
伝令をカンカンに移しておく、その機転にも天晴れ。私だったら上着に入れたまま川で流され、カンバーバッチの前で、あーーーー!って気付くよ、絶対
素晴らしい。多分映像はCG技術の結晶なんだろうけど、ずーっと続く緊張感は役者や演出とか古い映画の力だと思う。

ただ途中一カットだけ時間が飛ぶところが残念。
>|