1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

HAL

HALの感想・評価

4.2
記録
ひめ

ひめの感想・評価

4.5
IMAXで観て良かった〜!すごい映画だった!本当にこれどうやって撮ったの?と思わせるカメラワークも素晴らしい。メイキング映像も楽しめます。
ワンカットである、ということを除いても面白く、任務が始まってからラストまでの手に汗握る緊張感が半端ない。
アカデミー作品賞取ってもおかしくなかった。逆に、この作品に勝ったパラサイトは本当に快挙だなと改めて思う。

ドクターストレンジにフフってなったのは私だけじゃないはずだ!
<臨場体験はもちろん登場人物の心理描写が印象に残る映画>

若き兵2人の対比が印象的だった。人物の心情描写が凄まじかった。
伝令を届けられなきゃ自分の兄も死んでしまうからと緊迫し、焦るブレイクと伝令を届けるために敵地を通ることを冷静に考えて慎重を期して行動するスコフィールドの表情の対比、勲章や帰還に対する意識の違いが浮き彫りになっていた。

特に帰還に対しては、悲観的な意識を持っていたスコフィールドが指令と友の想いを通じて劇中で変化していくのは辛くも目が離せなかった。

あと、カメラワークが「死」に全く焦点を当てていないのが戦争をより写実的に表現していたと思う。
土に還らんとする馬、生気を無くしたヒト、それらが映像の端々に映り、
決して画面の中心にはならず、荒涼とした戦地の有様が表現されていて、臨場感が増していた。

<余談>
観ようと思ったきっかけは、007シリーズをスタイリッシュに進化させたサム・メンデス監督作だったから。
実は普段、戦争映画は苦手であまり観ない。サム・メンデス監督作じゃなかったら興味を持たなかっただろうけど、普段観ないジャンルの映画を観るのも新たな発見があって良いなと感じられる映画だった。
nosanom

nosanomの感想・評価

-
そういえば面白かったなって
poohr

poohrの感想・評価

4.0
戦争に身を置く一兵士の話である。この作品は道中の状況を楽しむことができる。最初の塹壕を移動するシーンは兵士達の生活が見られた。また、イギリス軍とドイツ軍の塹壕の作りに違いがある。自分の心に残った場面がある。最後の伝令を渡すシーンは何とも言えないものだ。その命令は日常の出来事でよくあること。彼の今までの危険な道のりには意味があったのか。
戦争って無意味だ
イギリスで観たのにレビューを書くことをすっかり忘れていました!!
覚えてるのはワンロングショットですね。あれどこで切れてんだ!??って画面見ながら一人追求しようと試みたのですが切れ目が全く分かりませんでした。
息するのも大変でした。

シンプルな筋書きで、この2人の主人公を中心に巡る戦争の切り取り方がよかったと思います。
Hika

Hikaの感想・評価

4.5
宣伝は全編ワンカットと謳っているが、正確には全編ワンカット風
ただ、戦争の臨場感は凄かった
>|