1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価・動画配信

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

欠伸

欠伸の感想・評価

-
ワンカットやワンカット風映画にはワンカットで撮る意味がある
「ウトヤ島 7月22日」では実際の事件の長さを長回しする事で生々しさを再現、「サイレント・ハウス」も近いものがある、ホラー映画の緊張感を長回しで持続させている
「ハードコア」ではPOVで長回しする事によって主人公と一体化させることによって作中への没入感が凄かった

そしてこの作品1917では時間制限の中での伝令の使命を長回しするだけじゃなくて移りゆく景色全ての画作りにこだわっていた、終盤の迫撃砲を浴び前線の兵士が突撃している中を1人流れに逆らって走るシーンは圧巻
サムメンデス監督は007スペクターの冒頭でも長回しを活用してたんだけどその時の映像が凄かったのを覚えていたからこの映画はかなり楽しみだった

このレビューはネタバレを含みます

この時代に日本に生まれて本当に良かったと思わせる映画だった
戦争怖すぎ
1分1秒目を離せないような緊迫感があった
ワンカットに見せる演出すごい
相方が、思ったより早い段階で死んでしまったのに驚いた
てか作戦無謀すぎない?
From

Fromの感想・評価

3.6
ラストの塹壕を走るシーンは凄すぎ
G

Gの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

終始、緊張感が途切れなかった。
伝令を伝えた後の軍上層部の対応もとてもドライで、派手にありがたがれることがないところもまたリアルだった。大佐に伝令を伝えた後の、煮え切らなさというか、また次の司令が来たら同じことが繰り返されると言ったセリフからも、一次大戦が泥沼化して、3年目に入ろうとしているタイミングを感じさせた。
こつ

こつの感想・評価

3.4
周りに何もなくて静かだけどその静けさがまた怖くて、いつ敵が出てくるかと気付いたらずっと体に力が入ってしまってた。
ryu

ryuの感想・評価

3.6
記録
ずっと観なあかんとは思いつつ後回しにしていた作品。
もっと早く観たらよかった。


今まで見た戦争映画作品の中で1番臨場感がありました。
自分が戦場にいると錯覚するほどの緊張感が最後まで続いていた。
死体のリアルさや、死体に群がる虫やネズミなどの気持ち悪さ。
本当に戦場に来たかのように思えた。

1カット撮影で、場面が次から次へと変わって行く中で、
どこまでがセットで、どこまでがロケ地でどこまでがCGなのかわからないほどに完成度が高かった。
特に塹壕を突き進むシーンが凄かった。

ラストの伝令を届ける直前に
第一陣の兵士が突撃する中を横切って突き進むシーンは圧巻やった。
作戦中止の伝達を前線に届けるために戦場を駆け抜けた青年兵の実話を元にした物語。
普通の戦争映画と違って目的が伝達ということで、銃撃戦といった派手なシーンは少なめ。だが、その分実際の戦場の静けさにヒリヒリとした緊張感が漂ってくる。とにかくこの映画の静けさに恐怖が詰まっているように感じた。長い道のりの末に目的を達成したが、大佐の言葉にもあるようにまだまだ戦争に終わりが見えないということもあり、希望的な終わりとは思えない。
戦闘シーンが少ない数少ない戦争映画のように感じる🤔
(9/20/21)
すごい緊張感で見てしまった。気がついたら拳に力が入っていた。

最初ワンカットか!?と思ったけど“風”の編集みたいですね。それにしてもすごい長回しなので、俳優さん大変だっただろうなぁ。
最後の最後に、ここまで感情移入して見入っていたけど、彼のこと何にも知らなかったんだなと思いました。

待ってコリンでてたの?将軍??めっちゃ聞いたことある声だな誰だこと人と思ったらそうだったの??
>|

あなたにおすすめの記事