1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

CONAN2

CONAN2の感想・評価

3.5
映像も お金のかけ方も すごい!んだけど‥ なんとも 物足りないストーリー‥ なんだかんだ言っても 伝令に行くだけの 物語だからね~
ほ

ほの感想・評価

4.1
映画館で見たかったやつ
前情報ほぼなしで見たから最後の方でベネディクト・カンバーバッチが出てきて声出そうになった
邦題ぴったり賞
ワンカット風で没入感がすごすぎてゲームのプレイ動画を見てるような気分になった
見えないところから急に襲ってくる恐怖に耐えながらも必死に伝令を伝えるというミッションをこなす主人公
最後には愛する家族からの無事に帰ってきてねという可愛い伝令
泣いちゃうよ
oーzi

oーziの感想・評価

-
壮大すぎる。
カメラアングルとか長回しの感じとかすごすぎて撮影の裏側が気になった。
かげ

かげの感想・評価

4.1
ピーター・ジャクソン監督の第一次大戦ドキュメンタリー「彼らは生きていた」を見たこともあって、見たの半年以上前だけど思い出しレビュー。

ワンカット風で一つ一つの所作がじっくり見られるこの映画で印象深いのは、「手」を差し伸べるシーン。戦争では武器扱うためにある「手」だけれど、それとは対照的に仲間を抱きかかえたり、握手をしたりなどなど、誰かを助けたり、リスペクトするための「手」が出てくるシーンがめちゃくちゃいいんだよなあ。

あとサム・メンデス監督の夜のシーンは色の使い方や構図が本当に美しくてうっとりした記憶。
わに

わにの感想・評価

-
映画館の迫力凄かった!

このレビューはネタバレを含みます

凄まじい臨場感、まるでそこに、戦場にいるかのような映像。すごすぎる、、!なんなんだこの映画は!心臓バクバクしながらの緊張感のある映画だったからなのか、あっっっっという間だった。壮大なスケールの自然と大地の映像に圧倒された。

兄が前線にいる友とともに、攻撃中止の命令を最前線に届けるため敵陣の中を進んでいく命がけの伝令。目的地まで8時間かかると言ってたかな?ワンカットのようにリアルタイム風に進んでいく映画でどこまで描かれるのかと少し心配したが大丈夫だった。
はじめの焼けた大地、転がる死体、群がる虫、ネズミなど戦場のあとを進んでいく、、敵陣に乗り込むがもぬけの殻、進んでいく間に罠にかかり土砂に埋まるが友に助けられる、空き家を探索中航空機が墜落し自分達のところに突っ込んでくる、敵国の操縦士を助けるも友が逆に刺されてしまう、、みるみる白くなっていく顔、愛してると家族に伝えてほしいという最後の伝言を胸に命令を伝えるため進んでいく、、途中車に拾われたり、面と向かって敵と対峙し撃たれそうになりながら走って逃げたり首を絞めて殺したり、そのまま逃げたら川に落ちて流れてるうちに寝落ちして溺れそうになりヘトヘトになりながら森に進むと歌声が聞こえた、、吸い込まれるように近くに寄っていき目的のD連隊と出会う。大佐は最前線、しかし今にも攻撃は始まりそう、死に物狂いで走り命令を伝えにいく姿は圧巻だった、、、
最後のシーンでは、自分は生き延びた、、任務を全うした、、、友のことも伝えられた、、、そして最初と同じ画の木の下で家族の写真を見て今、生きていることを噛み締めて目を瞑ったところでエンド。
Kotaro

Kotaroの感想・評価

4.0



長回しから生まれる世界の奥行きや説得力と最も相性がいい映画のジャンルの1つが戦争映画だと思う


全体を通して演出が戦争映画のロマンに満ちており、世界への没入感は類を見ない


草木や水までも空気を読んで演技してるんじゃないか?
きこ

きこの感想・評価

-
いつ敵がどこから出てくるか本当にずっと怖かった、これが戦争…本当に怖かった。血とか撃たれるシーンすごい苦手だけどアカデミーだし、どうしてもこれは見ようと思った。大きくワンカットって宣伝してたけど、あくまで伝えるためのワンカットってかんじで、もちろんすごかったけど自然だったのが更にすごい
豆

豆の感想・評価

4.0
久しぶりに見ごたえのある映画だった。
ロングテイク(もどき)2つで構成されてていて、賛否分かれる演出だと思うが、個人的には戦争を一人称で体験しているようでぐっと引き込まれた。
自身とすっかり同化した主人公が死にものぐるいで伝えた伝言を、あっさり受け流す上官。英雄に捧げられるべき歓声も称賛もないエンディングは、戦争において個人の命などいかに軽いか痛感させる。
どうやって撮影したのかが気になった。休む暇もなく緊張感が続いた。見てる方も緊張がした。
>|