1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価 - 125ページ目

上映館(317館)

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

コレはもはや伝説、、
凄すぎ半端ない。

第一次世界大戦真っ只中の
1917年4月6日の話。
↑覚えちゃった😂😂


いやーー、塹壕内のリアルなこと。。
無人地帯突入時から独軍塹壕に入るまでの緊張感は、もはや死。

前編ワンカットは意味不明な程スゴイ。
(実際はカットあるらしいが、、!!)

最後の300mランは
もう歴史的名場面。。

確実に劇場で観るべき作品!



IMAXでみたかったーーー泣
自分のコンディションがすごく悪く、安定しないロングテイクに画面酔い…
ただそれがいい感じに主人公の恐怖や不安とリンクして、ストーリーに物凄く入り込んでしまいました(笑)

プロップスやスカルプチャー、特に死体がとても効果的に画面内に配置され、まるで主人公に語りかけているかのような感じがしました。
happy299

happy299の感想・評価

4.5
1917 命をかけた伝令、
ジョーカー(再上映)三回目の鑑賞
豪華二本立てw

帰りの車中でも涙が止まらなかった
アブナイオバサン丸出し

2020/01/15 UC.T(IMAX)
2020年2月14日公開

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに映画館で見る価値があったように思う。
ワンカット風の映画で、どこで繋いでるかほとんど分からない。
カメラを早く動かして場面変えた時、室内に入る時、暗闇や土で人が途切れるときにカットが変わってるけど常に映画と次の予測できて面白い。
最大カットシーンは9分だそう。

緊張感はすごかった。
きっと言葉も名前もなくてもいい映画だったろう。制作者にgood job

あと弟兵士が死にそうなシーン、あれメイクしてないんだって。
どんどん顔が青白くなっていくシーン。
すごい演技力。
とむ

とむの感想・評価

3.9
観に行くと思ってなくて覚悟が足りなかった気がするけど、臨場感がすごくて戦場に入り込んだ感覚だった。
さすがはアカデミー賞本命。ワンカットと銘打っているだけあって、狙いをしっかりと得てる。時間を忘れて、ここまでのめり込んで映画を観たのは、意外と久しぶりかもしれない。ギミック的なのはもちろん素晴らしかったけど、祖父から聞いた実話を基にしているというところが良い。「遺す」ことは映画の大きな役割の一つでもある。
音楽がいい仕事をしています。
YOU

YOUの感想・評価

4.5
自分も実際に戦っている錯覚を起こした 
戦争映像体験がすごすぎる。。

目を背けたくなる場面は何度もあったが、
あの領域に入った以上、
主人公と一緒に立ち向かっていたような。

疑似的な全編ワンカット映像。
音で感情を揺さぶられ、
予想なんか全く全く出来ないストーリー!

119分ほんとに目が離せない!
体力を相当奪われるけど、
      IMAXで観て欲しい映画。
"There is only one way this war ends. Last man standing."

自分も一回爆発したかと思った。ほんとに。
どうやって撮影してたんだろうと思う臨場感と迫力、緊張感と躍動感。
IMAXで是非。
Fox55

Fox55の感想・評価

4.1
静寂から始まる冒頭。戦争映画のドンパチのイメージとは真反対。戦中の静寂がここまで恐怖だとは....まとわりつく泥にこちらまで不快感が伝わってきました。
ストーリーがシンプルなだけにワンカット風の撮り方と、向かうまでの何気ない会話、心情の動きや緊迫感、すべてが飽きない2時間でした...あれ2時間?
カットがわからないくらいスムーズで一緒に一日走っていた気分。
鐘がなった時は思わず自分も一緒にカウント。と...止まって鐘!
圧倒の臨場感でした。

そしてカメラと役者のフレームワークにいちいちゾクゾクさせられました。

美しい...

そして最後に思いを馳せるのは、大佐の言葉。
こうして何人もの兵士が大義のために命を懸けて走ったんだと、思い知らされる。
い

いの感想・評価

4.0
戦争映画をスクリーンで観たのは初めてかもしれない そして久しぶりの一切笑いどころのない映画! 楽しかった!

良いシーンがたくさんあったなあ🌸 ベネディクト・カンバーバッチの存在感よ
あの300m走るシーンは流石の臨場感

松浦美奈さんの字幕が大好き