異端の鳥の作品情報・感想・評価

上映館(14館)

「異端の鳥」に投稿された感想・評価

ストーリー性のある残虐なタルベーラ。
主人公の少年が想像しうる限りの悲劇(差別、飢餓、暴力、性的虐待、糞尿)に際限なく襲われるので、精神をガシガシ削られる。つらい。
ED曲がよかった。

このレビューはネタバレを含みます

今まで見た中で一番鬱映画
10才くらいの少年が黙って虐待され続ける映画
文句も言わない
見ていて心が痛くなった
n

nの感想・評価

3.7
人に勧めはしないけど、個人的には見てよかった〜。3時間ずっと重たい。地獄。何度も目を背けた。何人死んだのかもわからない。けどそんなのはこの映画の中では飾りでしかなくて、欲とか、温かみとか、歪な愛とか、純粋さとか、環境に影響されてしまう様とか、強さとか、そういう人間のあらゆる面が1つの画面の中に表現されてる。

あまりにもしんどくて途中退場したくなってしまう人もいるだろうけど、一度劇場に入ったなら最後まで見てほしいかな。
masa

masaの感想・評価

3.9


約3時間の長編作品。
僕は、ぼくは、ボクは、
ただ!bokuを知りたかった。
なによって存在を感じ、言葉を発し、叶うならばぎゅっと抱きしめてくれたのなら。
その願いはモノトーンの静けさに身を包む。
終始目伏せてないと見れなかった。
ここまで拒絶反応出たのは初めてだった。
書籍の件を後から知ったけど、作品としてではなく
完全なる事実ではなくとも真実であることを受け止めなければならない。
見る機会があってよかった。
評価はつけれない
alaflan

alaflanの感想・評価

4.4
期待以上に炎628+ぼくの村みたいなかんじ
原作がいいのかストーリーもかなりエンタメ的な面白さと感動あり

あと本当にT34ダイナミウォーの戦車出てきたw
時系列的にこのあとドイツ軍の反撃にあってこの戦車が拿捕されて…って流れを妄想しちゃうね
そういえばバックトゥザ・フューチャーの街のセットもドラマで再利用されていた

ゴーストモールと化したイオンモール名古屋みなと併設のトーホーシネマズメガプレックス、プレミアシアターで見てきた
椅子がなんか違和感でつらかった
最近いったささしま109シネマズの椅子の座り心地が忘れられない…
・原作を読まずに鑑賞。痛い・辛い・怖い三拍子揃った世界は決してフィクションではないだろう。黒魔術ババア、目玉くり抜きオヤジ、ガチでやばいやつ…どこ行っても狂った連中ばかり。そして彼は次第にやられたらやりかえすことを覚えていく。倍返しが10倍返しに、10倍返しが1兆倍返しに。狂った人間性が支配したある時代と、さらにその下に地獄のように広がる個人史を、我々は「異端」、ペインティッドバードたる彼の目を借りて体験することとなる。
・次第に感情を失っていく表情、見事だった。しかし辛い映画だった。心の中で「痛い痛い痛い」を連呼。とはいえ、一見の価値あり。
ぴーし

ぴーしの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

『マウス』の知識が生きる生きる。


とはいえ、地理的なものがわからない?ので、どこからどこへ移動してるのかとかよくわかってないというか、ホロコーストの話、という情報だけで観たので細かいところは分からないが、遠くまで来てしまったね……ということがよくわかった。場所の話じゃないよ。

村を殲滅させるシーンの戦闘機の音と映像が、説得力?臨場感?がありすぎて(白黒なのもあるんだろうが)リアルだった。75年前はこれが現実だったんだな。

お前のためってなんだろね。
親もよく生き延びたよなとは思うが、あまりにもいろいろありすぎた。

誕生日の前日に観ましたが、「明日死ぬかもしれん」と何故か思いました。
他の方異性とはいくのはオススメしません
数多くの苦難をただひたすら耐え続ける少年。美しい映像で描かれる人間の醜さ。衝撃的だった。
あまり細かいストーリー描写はせず、見せたい映像だけをダイレクトに繋げた編集に監督の美意識を感じる。差別や偏見、上下関係によって誰かが誰かを虐げる構図は、ホロコーストや戦時下という点をことさら強調するまでもなく実際にそこに存在しているのだ、と静かに語りかけてくるような映画だった。
>|