おとうちゃん

マリッジ・ストーリーのおとうちゃんのレビュー・感想・評価

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)
3.8
共通点は負けず嫌い!

1200本…今回の節目のレビューは別れの映画。

離婚は勝っても負けても泥試合!
今まで愛し合っていると思っていた相手が、突然信じられなくなる。

子供がいたら、もっと最悪!
離婚する二人は自業自得だが、一番の被害者は子供。
いくら子供に隠しても長引けば長引くほど、二人の溝は深く広くなっていく。
その溝に子供が落ちない保証なんて、どこにもない。
子供のことを考えたら、簡単に離婚なんて出来ないはずなのに・・・

喧嘩も迫力満点!
それもそのはず、だって二人はスカヨハとアダム・ドライバー…言い換えればアベンジャーズのブラック・ウィドウとスターウォーズのカイロ・レン。

この口喧嘩はアクションだ!
アカデミー主演男優賞と女優賞ダブルノミネートもうなずける。

円満に解決したい二人の気持ちは、判裁になると突然 勝ち負けの話に変わる。
二人で分かち合っていた愛は、親権や財産の奪い合いに変わる。
そして、気付くと泥試合…互いに傷つけ合っている。

もしもあの時アレを読んでたら・・・


余談ではあるが・・・
かくゆう私めも裁判にこそならなかったが過去に泥沼を経験したことがある。

もしも、離婚していなかったら・・・
いくら考えても今より幸せになっている家族の姿を想像できない。
少なくとも一卵性親子と言われる、今の父娘関係は無かっただろう。
今でも時々、私たち父娘を離婚の成功例の様に例える人がいる。

しかし、私めは あの離婚が正解と思ったことは一度も無い!