KKMX

マリッジ・ストーリーのKKMXのレビュー・感想・評価

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)
3.0
話題作ですが、俺には合わない作品でした。
内容というよりも、演出がガチャガチャしている上に冗長なので、話に集中できなかった。

スカヨハの声も結構耳障りでキツかった。大声で怒鳴るシーンも多いため、何気に彼女のガサガサした悪声が集中できなかった最大の要因かも。顔も怖いし、アップが多くて厳しかった。

演出・演者が生理的に合わなすぎてキツいという、自分にとってはややレア体験をしました。しっかりと物語を感じたかったけどダメだった。
あと、単に自分が独身だから、主人公2人の関係性が今ひとつピンと来てないという理由もありそうです。


夫婦をはじめ、やはり人間関係ってガマンしすぎないで早い段階で話し合えるといいな、と思いました。お互いを思ってガマンした結果、グチャグチャになるパターンは身につまされます。

妻側の露出多めの派手な熟女弁護士のキャラがなかなか良かったです。彼女の「女は完璧を求められる、腹立たしいけど」みたいなセリフがありました。そのセリフを踏まえると、彼女が「女はこうあるべき」という外からの圧力に全力で反抗していることが伝わって、一気に好きになりました。当初は本作に通底しているゴチャゴチャしたギャグのひとつかと思いましたが、それだけではない深みを感じました。

合わないながらも感じるものはあったので、星勘定はこれくらいです。


【追記】
『クレイマー、クレイマー』と本作を比較したところ、なぜ本作が受け入れ難かったのかが解りました。
本作は子どもをおざなりにしていたからです。本作の核はあくまでも夫と妻のエゴのぶつけ合い。ああしてほしかった、こうしてほしかった…ああすれば良かった、こうすれば良かった…それってすべて自分中心主義。子なしカップルならば俺もめちゃ共感した可能性があります。しかし本作はそうではないですからね。
子どもという最重要ファクターがありながら、焦点化しないのはちょっと不誠実だと感じます。クレイマー〜と被らないよう狙ったのかもしれませんが…