krishna

マリッジ・ストーリーのkrishnaのレビュー・感想・評価

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)
3.2
圧倒的な演技力。スカヨハとアダドラの口喧嘩は名シーンだが、スカヨハの対訪問員ロープレ一人芝居なんかも、少しオーバーかと思うけど力量に圧倒される。

2人の演技力に成り立っているけど、しっかりと書ききったスクリプト。書ききった高度な本を演じきれてる。
ともすると登場人物の紹介を登場人物に語らせてしまうと安易な駄作っぽくなりがちだけど、そんな感じは無い。監督はストレートに描きたいテーマを描ききってる。


2人の口喧嘩を見ていると、すれ違いはあるけど、2人はめっちゃ考えてる。考えているからこそ口喧嘩ができる。立場や視点が違うから交わらない『バカの壁』だな。アダムの人格否定、存在否定を発した後の悔恨の念にからの崩れ落ちとそれに気づいたスカヨハの許し。ある意味お互いの思いやりを描いて普通の人を描いている。人間を描いてるなぁ。アダムドライバーはカイロレンやブラッククランズマンなどの馬鹿な役しか見た事なかったけどいい役者だな。

スカヨハは、素晴らしくチャーミングだな。細かい動きや表情が凄い。
ブラックウィドウは大好きだが、あの役では100分の1も能力を発揮できてないわ、遊んでるなw

しかし、口喧嘩のシーンは、脚本家は書ききった達成感、演者は演じきった達成感があるだろうな。