マリッジ・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 31ページ目

「マリッジ・ストーリー」に投稿された感想・評価

ちあき

ちあきの感想・評価

4.3
残り45分くらいから特に素晴らしい
この映画を観て、失いたくない大切なものに改めて気付かされました
ノアバームバック監督好きです…
現時点でノア・ノームバック監督の最高傑作、間違いなし。スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーの演技力のぶつかり合いヤバババーン。

マスキュリニティへの批判がガッツリとなされる半面、複雑でどうしようもない心理描写でフェミニストのわたしに「マッチョマンは死ね! 」と簡単に思わせないプロットが巧みの神。

外側から見たら、どうしたって夫婦関係は男性優位で女性側が搾取されている。そこは事実で、変わらない。弁護士を介して発されることも、お互いの口から発されることも、事実だ。

でも。事実が本当の気持ちと違ってしまうことがある。その見えることのないギャップを、痛々しいほど鮮やかに、しかしおとぎ話のように希望に満ちて描き出している。

わたしは悲劇的な結末を迎える映画では、必ず「悲劇に陥らないための分岐点がどこだったのか」を考える。取り返せる場所はどこなのか、どこまで巻き戻せばいいのか、考える。
この映画は、悲劇的な結末が避けられるような分岐点まで戻ることはできないが、そこから再構築ができる、そこから前に進むことが可能なのだと示してくれる。
泣きに泣いたけど、やさしい世界だ。


わたしからあなたへの気持ちが、攻撃として外に飛び出てしまった途端、それは事実なのに、本当の気持ちから遠く離れちゃうんだよね。
htb2099

htb2099の感想・評価

3.9
あのアダムドライバーの泣きは引き込まれた。
というかアダムは終始よかった。

お家で照明を消して毛布にくるまって1人で観るのがベスト。異論は認める。
あとコーヒーとクッキーも追加で。
mako

makoの感想・評価

3.9
Netflixで2019年12月6日から配信。日本では配信に先立つ11月29日から、一部劇場にて公開。
こちらでは5日まで上映されていました。最終日に鑑賞しました。

事前情報なしで、ジャケ写とタイトルから幸せな結婚の物語かと思っていました。冒頭、2人が相手のことを話すシーンまで、上記の物語と思っていたらその後の展開がガラッと変わって驚いた😓
観終わって、あ〜そういうことかと納得しました。

私は結婚して18年、今までいろいろありました。でもどうにか今まで続いています。それは問題をうやむやにせず話し合いをしてきたからだと思います。
まぁ言えずに腹が立つことは多々あったけど😅 それはお互い様だろうけどね。

本作での夫婦の会話は、共感する部分もあり、心の中で「分かるわ〜」と思いながら観てました。
お互いのいい所を分かってるのに、話し合いはうまくいかない。
結婚生活を続けたい夫と離婚したい妻。
話がここまでこじれたら元に戻るのは難しい。
子供を巻き込みたくないから2人で協議しようとしてたのに、妻は弁護士を雇う。お互い弁護士を立てたら泥沼になるのは必至。

妻の言葉で“これからも愛し続ける”というのがあったけど、この気持ち分かる気がしました。心底嫌いになった訳じゃないのよね。
日々の生活でちょっとした嫌な言葉や態度などが少しづつ積もっていって、夫とこの先一緒に生活できなくなったんだと思う。そして決定的なことがあり、もう無理だと思った。
妻側にやはり共感してしまう。

中盤の前くらいに少しウトウトしてしまいましたが中々良かったです。
ラストはいい感じでした。

スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーの演技は良く、脚本も良かったと思う。ただもう少し短めにしてほしかった😅


劇場鑑賞 #116
2019 #166
幸せなシーンと辛いシーンの落差がすごすぎて凄い。

見どころと言ったらもうどれも喋ってるシーンになるのだけど、序盤のスカヨハの長ゼリフと終盤のスカヨハとアダム・ドライバーの言い合い、が圧巻でしたね。

もう、アダム・ドライバーの泣く演技がマジでキタ。マジで泣いてんだもん。マジで泣くストーリーでマジで泣いてんだもんアダム・ドライバー。それにつられるカタチで泣くスカヨハ。
泣き映画でした。

今作はやっぱりスカヨハすげぇな。今が一番ノッてるんじゃないか、ってぐらい素晴らしい演技だと感じました。
だが俺はそれ以上にアダム・ドライバーにめちゃくちゃ惹かれてしまった。いとも容易くこちらの懐に飛び込んで心をわしづかみにする愛くるしい演技、キャラクター。コミカルでクスッとくるんだけど安っぽく見えないのは、彼にちゃんと芯があるからだろう。
当たり前だけど見ていて退屈しない俳優っていうのは良いよね。
「パターソン」「沈黙」をはじめ、彼の数々の出演作品を観てきたけど、やっと全てを出し切れた作品に出会えたんじゃないだろうか。
でも、おそらく彼の代表作にはならないのだろう。これはスカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーの、二人の作品だから。



あと一つ分かったことがある、LAは広いらしい。
Paddington

Paddingtonの感想・評価

3.8
前評判が良かったから少し期待し過ぎちゃったかな感が否めず。スカヨハさんはいつも通り体当たりのマジ演技。アダムドライバーは本気出してきたなと。言っちゃいけないラインを超えてしまった後の泣きはマジやったし歌まで披露したし。ラストの靴紐のシーンで思わず泣いてしまった。すごく良い雰囲気の上質な昼メロだった。良い意味で。少し時間を空けてまた見たいなと思う感じの余韻。
Seina

Seinaの感想・評価

-
ローラダーンさんってどこかで見たことあるなぁって思ったらスターウォーズの方ね!
あかね

あかねの感想・評価

4.1
本日からネトフリ配信開始!

もう主演の二人が良すぎて...
スカヨハは確かに賞とりそうなくらい!
アダムドライバーもめちゃくちゃ
イケメンではないのに
本当惹かれちゃう...✨
ジムジャのパターソンから
好きな俳優さんです🥺💓!

人ってなんだろうね。
あんなに愛しあっても
別れが来る時はくるんだよね。

後半の二人の怒涛のリアル感満載の
本音のぶつけ合いが見もの!
誰もが経験したことのある
あのリアルさと...どんなに歪みあっても
ごめんねってなるんだよね。
二人の役者魂演技に泣けた😭😭

1つだけ奥様側の弁護士セクシー風で
笑った😂😂!!
アメリカってすごいよね。
あの自由な風習は羨ましい。。
ここぞって場所でジャケット脱いで
肌見せるんだもん笑。

離婚調停もので重いかと
思いきや爽やかな作品。
普通の夫婦のリアルを描いてます。

別れて初めて気付くこともあるんだよね。
別れて上手くいくこともあるし
別れ=終わりとかサヨナラじゃない。

別れても終わらない愛はあるし
別れても愛してるってあること。

変わらない日常もあるんだよね。
変に自分を縛らないこと大事だなと。

終わりも爽やかだった💐
別れても靴紐結んでくれる
関係でいれるの素敵だ〜〜
sonet

sonetの感想・評価

4.5
冒頭のシーンで語られる二人の魅力が映画の随所で感じられて、二人ともめちゃめちゃ好きになってしまった、脚本がいい…
アダムドライバーもスカーレットヨハンソンも本当に素晴らしい役者だな
 観ていてかなりキツかった...主人公の2人がどんどん追い詰められていって、周りは何も変わらない。2人の変化を元には戻せないし、周りがそれに合わせることもない。
 アメリカの離婚が当たり前〜的な考え方は、受け入れられないし、まず信じられないけど、今後日本がそうなっていくかもしれないし、全く同じ状況が自分の身に降りかかるかもしれない...そう思うと怖い。
 アダム・ドライバー益々ファンになりました。
誰かに勧めたいとかじゃなくて、自分の中に存在し続ける作品。