くう

HOKUSAIのくうのレビュー・感想・評価

HOKUSAI(2020年製作の映画)
3.7
青年期やさぐれてギラギラ。老年期枯れずにギラギラ。柳楽優弥からの田中泯さま。もうピッタリのキャスティング!!

ああ、このための泯さまだったのかと思うと何度も泣けてしまう。全身の表現。

好きなものを好きに描けない時代、精いっぱい生きた人たちを描く。

歴史的事象は描写が少なく、もちろん創作だけれど、弾圧があってもなくても、リアルな体験が絵師に命を与え情熱を呼び起こす、その描き方は好き。

北斎はもちろん、色気だだ漏れの玉木さま@歌麿に魅入ったり、狂気の永山瑛太に涙する。役者と風景を楽しむ。