ハニーボーイの作品情報・感想・評価

上映館(10館)

「ハニーボーイ」に投稿された感想・評価

理解力なくて死んだ
ノアジュプの演技力と可愛さに圧倒された

オーティス、父親の愛情が欲しかったんだな。。。
tomi

tomiの感想・評価

3.5
いつも通り予備知識0で見たので
エンドロール前まで
シャイアラブーフの幼少期の話だって
わからなかった~!
自分自身でお父さんを演じたのですね
愛されたかっただけなのに
期待通りにいかなくて切なくて
ノアジュプが可愛い…
子役として働き親を支えるオーティスと息子を愛しているはずなのに不甲斐なさから暴力を振るってしまうジェームズ。
どんなに貶し合おうと、戻ってきてしまう。側から見たら醜い親子でも二人にはもうお互いしかいない。
ノア君もシャイアも演技がうますぎた…

シャイアラブーフが父親役を演じてたのに、予告の段階では気付かなかった。
役柄は生え際が後退しつつあるし中年太りだし年齢的にもシャイアがやらなくて良くない?って思ってたら、彼の伝記映画だったのね…EDで知って鳥肌が立った。あの最低な父親の演技は自分が見たものをそのまま演じてたんだ…
519

519の感想・評価

-
実際に育てられ 本人しか見れなかった父親の表情やすべての感情を無駄にしないような映画だった バイクの後ろに乗って大きな背中につかまる姿 うたた寝をヘルメットで小突くシーンが印象に残っている 離れたくても離れられない家族のつながりのようなものが伝わった 自信が父の役を演じたことは本当に素晴らしいな 言葉にできない 人それぞれに、伝えるべき物語があって、克服するべき葛藤があるんだとシャイア・ラブーフがこの映画を通して教えてくれた。
R

Rの感想・評価

3.5
2020.10.20 21:00〜
出町座
シアターBF
座席番号C7

ジェームズ役を演じたシャイア・ラブーフの半自伝映画。
自らの実体験(痛み)を作品として昇華。

内容は少し断片的なので、理解しづらかった。

前科者で感情の起伏が激しい父との間に生まれる葛藤を、
ノア・ジュプが見事に演じていた。
特に表情がリアルだった。

クレジットが反則レベルの表現。
あや

あやの感想・評価

-
「無心でいると水上を歩けるの」
なんかノアジュプにこういう役演じさせたかったんだろうな〜、タバコ咥えさせたかったんだろうな〜、などといちいち思ってしまいました。

シーンが全部途切れ途切れなのが勿体ない気がした。実話だからだろうけどあまりにも説明不足じゃないか?夕日の描写はとってもよかった、フライヤーのシーンはもう少し長尺で見たかった。

結局何が言いたかったの?蛙の子は蛙って言いたいの?と思っていたんだけど、クレジット流れてあ〜実話だったのね納得納得と思いました。
本人が未だに問題を抱えて生きている以上エンタメにも教訓にもならずただただ同情するしか無い。

窓越しに父を見るシーン◎
Fワード連発
シャイアの自伝的作品だからとずっと楽しみにしていて、
映画館で予告を観る度に泣いて、、
公開初日に観ようと決めていて、、、
公開当日になっても期待値ダダ上がりで、
こんなに期待値上げたらヤバいと思ってマイナス20℃位の冷凍庫に入った気分になって平常心で観てきました。

ノア・ジュプ君もルーカス君も本当に上手いなぁ
シャイ・ガールとのシーンが色々切なくて、父への赦しと共に母の愛にも飢えていたんだと思うと悲しくて

うん
でも
そう
もう
なんでだろ
悲しいくらいはまらなかった。。

個人的に感じたのは、シャイア出演しないほうがよかったんじゃないかなぁと
監督の要望だったらしいから仕方ないんだろうけど。
数年後にまた観てどう感じるか試してみたいと思います
バイクで2人乗りしてる姿。うたた寝をヘルメットで小突くシーン。序盤なのに1番残ってる。後ろから抱き締める腕に委ねた彼の顔。何でも無いところで泣いてしまったな。痛み。
>|