いのちスケッチの作品情報・感想・評価

上映館(2館)

「いのちスケッチ」に投稿された感想・評価

光一

光一の感想・評価

3.7
映画関係者から招待券もらって映画館へ。

ヒロイン役・あやのモデルになった人に、動物園内を実際に案内してもらったことがあったので(別の仕事で偶然…笑)、知っている景色や動物たちの数々に強い親近感を覚えました。

福岡県大牟田市に実在する動物福祉ファーストな動物園を基にした奮闘の日々が描かれた映画です!

「大牟田(&荒尾)の観光PRにもなるように」という監督の気概が伝わってくるような映像構成でしたし、とにもかくにも動物たちがスーパーかわいいので癒されます。

そして何よりも、動物の幸せを通して、「今までと違った視点でも動物園を楽しめるようになる作品」だと思います。

熊本と福岡の県境にある大牟田市動物園、近くをお立ち寄りの際はぜひ*!

ストーリー点4
監督点3
役者点3
映像音楽点3
印象点5
エモーショナル点4
追加点×
総合点3.7

ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1〜0.2点加算
カズ

カズの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

おもっていたのより、面白かった!感動もいした!生き物に対して考えさせられた!
動物園行きたくなりました!

佐藤寛太さん良い俳優だから、どんどん昇進して欲しいです!
福岡県大牟田市を紹介し活性化させる地域振興映画、と言ってしまえばそれまでだけど、動物園の本来の役割は何かに正面から向き合ったドキュメンタリーチックな映画ともいえます。どちらにせよ、私の地元なのでそりゃ何をおいても観ますよね。

話の内容としても、大きな盛り上がりこそありませんが、全編静かに流れて気持ちがいいです。最後の完成した漫画をちゃんと見たかった。

私は横浜で見ましたが、見に来た人はほとんど地元の人だと思います。公開終盤でしたが多かったですよ。それでもいいじゃないですか。どこにいても、みんな地元が賑わってほしいという思いは同じです。

地元の人間にとってはエンドロールが一番の見せ場だったという、地域振興映画あるあるも良かったです。多くの人に見てほしいですね。
MIWACO

MIWACOの感想・評価

4.0
新年1本目は、実家近くの動物園が舞台のこの作品になりました。
この動物園の取組みは、うっすらと知っていたけど、改めて動物ときちんと向き合ってるのを感じていちいち涙が。。
主役の佐藤寛太さんの繊細な演技がよかった。
地味だけど、みんなに観てもらいたい映画です。
ちなみに、映画館は満席で最後には拍手もあって、それもびっくりしました。
わ

わの感想・評価

3.9


小学生の時も、中学生の時も、
絶対遠足で行っていた動物園。
思い入れがある場所だけど、
何も知らなかったことばかりだった。
帰省したら絶対集まるやきとり二番とか、馴染みのある場所がいっぱい出てきて、楽しかった。

頑張れ大牟田!
大丈夫
うちは日本一動物に優しい動物園です
りょうたみたいな孫欲しいよ将来
たかし

たかしの感想・評価

4.3
地方創生プロジェクト作品。

夢に破れた青年と、廃園間近の田舎の動物園。
再起、再建への道程。

生まれ故郷が舞台。ひいき目で見て楽しめた。
日本初の麻酔なし採血という偉業へのスポットが小さい。
見知らぬ俳優さん多いが、わりかし演技良い。
ShojiIkura

ShojiIkuraの感想・評価

3.8
 財政危機を抱えた地方の動物園の再生と、一人の若者の自分探しの成長物語がリンクし、あまり恋愛に触れないこともあって爽やかな映画になっている。ライオンからの麻酔を使わない採血という一見とても地味なことを動物園再生の突破口と位置付け、とても緊迫感ある作業となり、達成時には飼育員のじんわりした感動を共感することが出来た。
>|