“樹木希林”を生きるの作品情報・感想・評価

“樹木希林”を生きる2019年製作の映画)

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

「“樹木希林”を生きる」に投稿された感想・評価

Kaori

Kaoriの感想・評価

-
最近はフェイクドキュメンタリーや
作り手(監督)にのいらん細工により
対象の感じ方が
観る前と変わってしまう
ドキュメンタリー作品が増えた。

今作 (元はドラマ演出の)監督が
苦悩することなく
思うがままですすめたとき
どうなっていたか??

唯一無二の女優を前に
いろいろ考えされた内容。

寧ろ あるがままの素材を活かす
ドキュメンタリー映画を
メインとする監督でなかったことが
良かったようにも思う。
漂う宝の持ち腐れ感。

希林さんの車かっこよくて惚れ惚れ。
ANA

ANAの感想・評価

4.0
樹木希林さんの密着。貴重。

地上波で放送してたのを録画してたのを今さら見ました。
aki

akiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

季節の移ろいが美しい。希林さんの「わたしたちはこの世を見るために、聞くために生まれてきた。だとすれば、何かになれなくても、わたしたちは、わたしたちには、生きる意味があるのよ」という言葉が印象的。秦基博さんのED曲も、最初は曲調がアップすぎるのではないかと感じたが、聞いているうちに泣けてきた。
記憶メモ
目的もなく何となく仕事したらいけないなという事例
kanako

kanakoの感想・評価

3.5
せっかく樹木希林に1年も密着取材してるのに作り手に意図がなくて、「自分中心でいいのよ」と言われてたけど何を見させられてるのと思った。私個人としては、樹木希林が役者や人間として人生をどう閉じようとしているのか、行動や考えについてもっと知りたかった。
ゲンタ

ゲンタの感想・評価

2.3
たとえドキュメンタリーであっても、どういう作品にしたいのかをあらかじめ考えておかなければいけない。撮りながら考えてはいけないという実例。
ずん

ずんの感想・評価

3.7
希林さんのドキュメンタリー
シンプルに綺麗にまとまらないことは分かってたつもりでしたが、こんなに一筋縄では済まないとは
だんだん撮る側と撮られる側が逆転してしまう様は希林さんを前にして撮る側の未熟さが露わになっていた
そりゃ大抵の人はそうなるでしょうが
モリのいる場所の山崎努さんとのツーショットは本当に素敵だったな
演じていないときの希林さんの言葉を聴けるすてきな時間。しかし、終盤にかけて監督の木寺さんが作品を仕上げたというより、木寺さんが希林さんになんとか映像を作品にしてもらった感が否めない…
tony

tonyの感想・評価

3.9
この映画を観ると、希林さんが死んだことを思い出した。
>|