サムカワ

Redのサムカワのレビュー・感想・評価

Red(2020年製作の映画)
4.2
「結婚ってなに?」

Filmarksユーザー試写会にて。

人間って本当にめんどくさいなぁ……
でもそれが本当に愛おしいなぁあ……

"自由"と"幸せ"って案外別モノなのかもしれない…と思わされました。

別モノというか…必ずしも一致しないというか。
世間の提示する幸せ像ともまた違うしね。


そんな感じで、"自分らしさ"な生き方ってなんなんだろうということを、つい考えてしまう映画でした。


夏帆さん演じる塔子が自分の人生を歩むまでの変化の過程がとっても複雑で(内面的に)でもそれが清々しくて、なんだかもうとにかく自由になってほしい!!と強く願わざるを得なくなります。


塔子を取り巻く3人の男たちも本当に魅力的でした。
妻夫木さん演じる鞍田のミステリアスな色気が本当にカッコいい。僕も惚れましたよ。

柄本佑さん演じる小鷹も、職場とかにいたら良いなぁなんて思いました。少し面倒くさいと思うんだろうけど絶対嫌いになれない。

間宮さん演じる真さんね、正直僕は大嫌いですよ!!!本当に!!!
高所得だろうが共感力のない人間は大嫌いだ!!効率的なこと考えてるはずなのに、変なところで血縁とかで意地張ったりとかもう腹立ちますわ!!!クソ!!!
悪気がないのがダメ!マジで!!!!男として恥ずかしくないのか!!!!
小学校上がる前のお子さんが英語でお歌歌えるなんて、さぞ英才教育なんだろうけど、そんなことよりもっとあるだろクソがぁぁぁ!!!!


と、まぁ完全にこの映画を楽しんでます。

すき焼きとお蕎麦の食事シーンの対比が最高すぎました。
高いもの食べてれば、幸せな食事ってわけじゃないんすよ!!


この一本の映画で自分が一体何に幸せを感じ、何に自由を感じるのか
そういう自分の感性と向き合えた気がします。


観た人同士で語りたい作品です。