Redの作品情報・感想・評価

上映館(13館)

「Red」に投稿された感想・評価

原作と映画は同じものを作ってはならないという意見もあるだろうけれど、流石に酷いなぁ…。

私は原作既読組なのですが、どうしたって抜いちゃいけない原作部分が2つあると思います。

「生理中にセックスをするシーン」とセックス中に塔子が「鞍田さん好き」と言ってしまうシーンです。

いや、このシーン抜いたら何を観るんだ 笑

生理中のシーンって「生理の時に性交渉をするのは不潔だと思っていた。」けれど鞍田に丁寧に一つ一つ触れられていく事で、不潔でない、引いては自分の中の女として血を受け入れる、受け入れてもらってる。という「Red」が成立すると思うんですよね。

それが無いから、何?夕焼けのREDなの?ってくらい要素が薄い。
もちろん改変した部分である鞍田の事も指してるんでしょうけどあまりにも薄い。

次に「鞍田さん好き」が必要な点として、絶対に認めたくない要素かつ自分が存外プリミティブな存在だったという事に気づいて、女と家庭と母親の間で揺れる葛藤の要素になるはずなんですけれど、もうなんかそれもなくて、映画の冒頭からおっぱじめちゃってるから葛藤がすごく弱い。
なので最後のシーンも何のドラマも無く終わってしまう。

後、すごく残念だったのが鞍田のキャラクター造形。
鞍田って原作だと割と敬語で塔子と喋ってるんですよね。

だからこそ子供っぽい旦那と違って大人の余裕があるっていう魅力があるんですよ。

それなのにセックスになると敬語が外れたりして、殆ど獣で紳士的じゃなくなる、それなのにすごく冷たいものを心に潜ませてる…っていうのが魅力のハズなんです。

それがこの映画だとセックス前にもうダウナー系になってて、セックスしてからは態度が柔和になってるんです。

逆!!!

それだと普通のしょうもない男になっちゃうじゃないですか!!

色んなことを悟って生きている男だと思ったけど、肌を重ねてみると本当は何も許してはいない悲しい男だからこそ惹かれるんじゃないんでしょうか?

映画の描写の仕方だと妻夫木聡じゃなかったらボコボコにされるような陰湿で強いストーカーのように映ってしまっている気がします。

原作の台詞をなんと無くパッチワークして、監督もしくはプロデューサー?の意向と自己満足に走った結果なんの過程もない作品が誕生してしまった感。

過程のない濡れ場はただのセックスビデオにしか過ぎず、最後の濡れ場なんてちょっと早く終わってくれないかなとかよぎってしまった。
いけ

いけの感想・評価

3.0
男の主要キャスト3人の中で、最も重要でない役柄の柄本佑と一緒にいる時の夏帆が一番好き

事務所内での視線劇は良いが、車内のセリフ回しが説明的で乗れないところがある。
こりー

こりーの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

最後まで悲しいと思ってしまった。。シーンがよく変わるので理解するのに頭をつかって疲れたが、すごくリアルに人間の複雑な感情を表現されていて引き込まれた。ベットシーン長い。

妻夫木聡のミステリアスなキャラが個人的には好きだった
夏帆が吹雪の中帰ろうとして妻夫木が現れた時心配した、、て言ったけどお前の方が心配したわ!って思った
ちょくちょくもう少し解説して欲しい時あった
妻夫木聡のあの落ち着いた感じかっこいい
演技してる夏帆みるといつも好きになる愛くるしい役が似合う

そして、
結婚に対する考え方を改めて考えた

言えないよ
私が我慢をすれば全ていいと思っていた、、
俺のせいってこと、、
違う、、

家族が笑顔でいるために自分の気持ちを押し殺して家族に尽くすことは結婚したら私もしてしまうと思った
言いたいことを言えないほうが悪いと思うかもしれないが、お互いがなんでも言い合える環境を作ることが夫婦間で大切だと思う
そういう環境になる人が見つかればいいなぁ


一番は自分、まずは自分が幸せであることが家族が幸せだと言える
KK

KKの感想・評価

4.0
ずっと頭から離れられない。。。
禁断の愛とか、
不倫とか、そんな汚いものではなくて、女としての生き様を考えさせられる映画だった。

どれだけ惚れて、死んでいけるかじゃないの?
makino

makinoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

塔子と小鷹が夜の町を走り回って、自転車こいでるとこが可愛かった。ああいう、その時の衝動に任せてはしゃげる女の子ってすごくかわいい。
塔子の母親ちょっとしか出ないのに存在感がすごかった…余貴美子さんめっちゃ好き…。
鞍田と塔子が再会したときのちゅーがめちゃくちゃえっちだった。職場でお互いのことちらちら見てるのもいいよね…。
結婚ってなんだろう、自分らしさってなんだろう、幸せってなんだろう、って帰りの車で考えた映画でした。


Rが足りてない!!
yuma

yumaの感想・評価

3.0

私の中のRedは小説の中にあります。
原作読んでから観たんだけど
色々端折ってて(仕方ない)もったいないなーと思ったり
塔子がなぜあの選択をしたのかはもうちょっと考えたい、。

妻夫木聡えろい
あと私意外と間宮祥太朗すき、、
2020.02.28
喫茶店で待ち合わせてから映画館へ。
40本目。
柄本佑の何かやらかしてきそうな雰囲気に終始そわそわした。
建築事務所のちょいちょい英語話す人が気になった。
終わってからhallelujahを聴いた。
なむた

なむたの感想・評価

4.0
時系列等々頭使いすぎていい意味で疲れました。妻夫木さんえっちかった。
>|