みゅー

アボカドの固さのみゅーのレビュー・感想・評価

アボカドの固さ(2019年製作の映画)
3.0
PFFアワード2019のオンライン試写会、第2弾(ラスト)。

5年間付き合ってた彼女と別れた主人公。
さぁどうなってしまうの!
って感じのストーリー。


全体として盛り上がったりはないんだけど、それがまたある意味で生々しいというか、現実感があって良かった。

主人公の男は俳優を一応やってて、でも売れてないからバイトもしたり、って感じで、ダメさ具合がすごかった。
でも実際、こういう男いそうだなーって思っちゃって、思っていたよりも楽しく観れた。

主人公も元カノも、服装のセンスが絶妙にダサくて、これいつの時代の話なんだろーとか思ってたら、新しい元号当てよう、とか言い出して、おぉ最近の設定か…とある意味衝撃。


映画って普段は一般的な劇場でやるものがメインになってるから、こういった作品をたまには観るのもいいかもしれない。