くじらの湯の作品情報・感想・評価

くじらの湯2019年製作の映画)

製作国:

上映時間:7分

3.4

あらすじ

「くじらの湯」に投稿された感想・評価

かくわ

かくわの感想・評価

3.0
子供の目には銭湯がこんなに異世界に映るのか。。

確かに子供の頃銭湯に連れられ、刺青ある人を見た時は怖かったかも(それはまた別の怖さ)

サウナの地獄絵図のような絵がすごい。

2019-068
マト

マトの感想・評価

3.3
ノスタルジー。幼少の頃に母親やおばあちゃんに連れられて入った銭湯の女湯を思い出す。
平安時代を思わせるような古風で独特な作画。音楽も古典芸能的な。
なので昭和的な銭湯かと思って見てたら、アカ擦りサービスやサウナもあったのでわりと今風のお風呂やったんやなぁと。
日常の中の異界。
tokio

tokioの感想・評価

3.2
Rec.
❶20.01.12,ca
gfbsj

gfbsjの感想・評価

-

なんというか、母親が男前すぎる笑
よかったです。
ドープな7分間。
成人男性の昔母親と入った銭湯の記憶って感じ。
私は女ですが、母親の裸とか、顔見知りの近所の人とかの裸を見るのがすごく嫌で申し訳ないけど嫌悪感があって銭湯とか嫌いだった。(大人になった今は薄らいだが)
この作品をみてそんなことを思い出した。
Tak

Takの感想・評価

4.0
記録
MayuAbe

MayuAbeの感想・評価

-
不快(湿気、ぬめり気、暑さ)で不気味な空間であると同時にどこか楽しげでもあり、また日常的であるようにも非日常的であるようにも思える空間、アンビバレントな感情を惹起する空間としての銭湯。
覚醒と夢の境界は銭湯でこそ曖昧となり、また銭湯という空間の曖昧さによってこそ此岸と彼岸との往還が果たされる。
①2019.9.13☆3.3@国立映画アーカイブ

子供の目に映る銭湯がジブリの世界なように、私も新しいをもっと体験していこう
>|