ビューティフル、グッバイの作品情報・感想・評価

ビューティフル、グッバイ2019年製作の映画)

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

「ビューティフル、グッバイ」に投稿された感想・評価

かくわ

かくわの感想・評価

3.2
人を刺した男と、ゾンビになって蘇った女の逃避行ロードムービー。

割とロードムービーった「期待」から始まるものが多いけど、本作は「絶望」しかない。
そんな中でだんだんと打ち解けていく2人が良い。

ちょっと長く感じたけど、ラスト綺麗だった。

2019-077
ゾンビという言葉を使っているが

男から逃げた女が、その過程で死んでしまい

死んだ後でも逃げ続ける離れ続ける、という事


(のちほど追記)
にぼし

にぼしの感想・評価

3.4
どうなってしまうんだろう、というワクワクとソワソワの期待から始まるがやはりこの2人には絶望しかなくてとても胸が締め付けられた。
元彼の演出がもう少し濃くあって欲しかったし、だんだんと最後の展開がわかって長く感じてしまう部分もあったが、ひまわり畑が枯れた中で叫ぶシーンはとても良かった。
撮り方に北野武感を感じた。
この2人には幸せであって欲しかったなという感情とやっと終わったねこれが良かったんだねと思うしかないのがぐるぐる頭の中を回っていった。
2人の旅と同じくらいに現場は大変だったのかなあと、自主制作のすごさを体感した。
田な中

田な中の感想・評価

3.1
虐待を受ける近所の子どもを救うため、子どもの親を刺し、逃亡する男。逃避行の最中、山道に飛び出してきた女を轢いてしまう。罪に罪を重ねたかと思われたが、轢かれた彼女はゾンビだった。

ゾンビの設定が甘い
その点に目を瞑れば、ロマンティックなボーイミーツガール(ゾンビ)もの

お互い頼る相手も居ないから意気投合して好きになるのもおかしくはないし、死にゆく女性と最後の時間を過ごす様を見るのは泣けるけれど、あまりに2人の世界過ぎるのでは?とも思う

子どもと老婆が束の間の優しさを与えてくれるが、どうも作劇上仕方がなく出した救い手に思えてしまう。

演出は成功しているので次回作ではストーリーにも期待したい
劇場、後ろの方で観ると、ひまわり畑のシーンで観客の頭たちに黄色が反射していて、まるでそこにいるかのようにね、
色にこだわりがあるんだって
DVを受けている子供の父親を殺した男と、ゾンビとして蘇った女の子の逃亡する話。
男は女の子のやりたかったことを叶えるために、一緒に行動する。

設定だけはおもしろい。
2時間の映画、ちょっと長く感じた。長さの割にセリフが少なめな静かな映画だった。
カタコトの日本語を話す女の子(特にアジア系)ってなんであんなに可愛いんだろう。ヤオアイニンに然り。
大ちゃんの吃音がなっちゃんに対してだけはちょっとずつ良くなってるのが、2人の関係を1番表していたような気がする🤔
ヒマワリがああやって黒く枯れるのは知らなかった。あとそれを見た大ちゃんのハの字眉よ…。
sae

saeの感想・評価

3.5
腐った真っ黒な向日葵のなんて悍ましいこと
カタコトで日本語を話すアジア系の女の子ってどうしてこうも浮世離れしていて、こうも愛しく感じるのかな ちょっと是枝監督の空気人気のヒロインを思い浮かべました。夏の終わりに見れて良かったな
taca

tacaの感想・評価

2.8
オンライン鑑賞。

淡々と続く旅の中で、要所要所に笑えるシーンあり。
主人公二人に感情移入するというよりは彼らを好ましく見守るような感覚。

しかし、長い…
>|