魂コシ

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷の魂コシのレビュー・感想・評価

4.1
『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』
2019年、92分、アメリカ、ホラー/スリラー
ハロウィンの夜、大学生の主人公たちは、街の外れにある"究極のお化け屋敷"を訪れる。お化け屋敷という設定だからこそ、登場人物目線でどこまでが演出でどこからが狂気なのか見分けがつかないのが心理描写としてリアル。そして、惨劇が起こるまで焦らす、焦らす、焦らす……。「ホステル」のような痛々しさ、「ソウシリーズ」のような閉鎖空間での仕掛けの数々、「スクリーム」のように心に影を抱えてるけど強いヒロイン。色々な意味でホラー映画好きとしてはかなり楽しめた、怖かった。ラスト3分の展開とオチは、個人的にかなり好きで、エンドロールに入った瞬間で「この作品、私の好きな映画リスト入選」が確定した。