あすとろ

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷のあすとろのレビュー・感想・評価

3.9
最後に“マスク”を外すのは誰か?

主人公ハーパーはハロウィンに大学のルームメイト達に誘われお化け屋敷に足を運ぶがそこは殺人鬼達が殺しを楽しむために作られた”究極の”お化け屋敷だった。
そこから生きて脱出するために奮闘するスリラー作品。

血みどろの貴公子ことイーライロス製作と「クワイエット・プレイス」脚本コンビのタッグというスリラー作品として勝ち確定の本作。
正直お化け屋敷感は薄かったですがグロ感はPG-12指定にしては中々頑張っていたな、と感じました!

前半はハロウィンのワイワイしたような空気感とお化け屋敷のジメーっとした嫌な空気を漂わせていて殺人シーンを目当てに来た方は「あれ?」となってしまいそうですが後半から殺し殺しの連続で、殺し方の悪趣味さが「イーライロスだなぁ~」と感じてしまいました笑

それぞれ扮したお化けによって殺し方も変わっていてジワジワ苦しめる殺人鬼からスパッと殺す殺人鬼まで様々でしたがいかんせん、参加グループの人数が6人と少ないためあまり数多の殺人レパートリーを観たい方は少し物足りなくなるかもしれないです。
ただ”お化け屋敷”という先入観のせいで目の前で殺人が行われても演出としてしか思われないところが逆にリアルで「怖いな」と感じてしまいました!

割とホラー映画のお決まりの流れを打ち壊すような展開があり一番最初にやられそうな奴が案外生き延びたり、救いの望みが軽々しく打ち砕かれたりとそんないい意味の裏切りも面白かったですし、約1時間30分と比較的短くテンポも良いのでダレず飽きることなく観れます!
クライマックスの”どんでん返し”にはニヤっとしてしまうことでしょう…!
ぜひ劇場でご覧あれ!おススメDeath・・・