旅するランナー

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画の旅するランナーのレビュー・感想・評価

3.8
【アンチ働き方改革】

インドによる火星への探査機着陸ミッション。
未経験・低予算・無支援を物ともせず、創意工夫・改善改良・一致団結で乗り切り、小型軽量高性能を実現していく。
そんな姿がとっても面白い。

我々は、科学者として、夢の仕事に就いているのだ。
夢は眠っている時に見るものではなく、夢によって眠れなくなるものなのだ。
きっと夢は叶うのだ。
という掛け声の下、時間外労働もいとわず、仕事に没頭するチームメンバーたち。
これは、アンチ働き方改革映画ではあり、真正銘のやる気改革映画である。
仕事へのモチベーションの大切さを教えてくれます。

結果、この実際のミッションは映画「ゼロ・グラビティ」の製作費よりも安価に遂行されたわけです。
インド人のクレバーさと、したたかさの為せる技ですね。