ぶん

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画のぶんのレビュー・感想・評価

3.7
世界で初めて火星に探査機ロケットを一発で成功させた国インド。
良くある成功ストーリーなのですが、最後の打ち上げシーンは緊張と感動がしっかりありました。
手塩にかけて作ったロケットが危なかっしそうに火星に向かう。その経過が何とも甲斐甲斐しい。愛おしい我が子が屍となって宇宙の迷子になってしまうか否か。そして死んだと思ったマンガルヤーンが火星の裏からちょっこり出てきた時の親たちの歓声、ウルウル。
しっかり仕事も粉してカメラが動く。まるで立派に成長し社会で活躍する子供のようです。

インド映画と言えば男尊女卑の印象が強いけど、今作は最初から女性が活躍する場面が普通に出て来ます。その辺も好感度いいです。日常のちょっとした事が伏線となって研究のアイデアになるところも家庭的だし😄

眠れなくなるほど興奮する「夢」、持ってみたいです✨