ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画の作品情報・感想・評価・動画配信 - 45ページ目

「ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画」に投稿された感想・評価

一足早く、オンライン試写にて鑑賞させてもらいました。

『パッドマン 5億人の女性を救った男』の製作チームが再集結し、制作した本作。
ちなみに、『パッドマン』は未見です。

すごく、面白かった!

アジア初の火星探査機打ち上げに、インドのあの料理がヒントを与えていたとは!

実話をベースにしているとのことですが、エンタメ色が強めなので、だいぶ脚色されてるいるかな?という印象です。

ボリウッド映画ではお馴染みのダンスシーンも少しあります。

2時間ちょっとの映画なのにインターミッションもあるという、ブレない感じにニヤニヤしてしまいました。

火星探査機の打ち上げまでは苦難続きです。スタッフも若手や引退間際の人と寄せ集め感が否めないない感じ……。
計画を阻止しようとするNASAからは妨害があり、予算もとんでもなく削られます。

ドラマ『下町ロケット』的な展開です 笑


予算60億ルピーだそうで、現在のレートだと約84億円?ですかね。

庶民には相場が全くわかりませんが、ハリウッドの大作映画の制作費よりも安く、インドは火星探査機の打ち上げに成功したんだ!というのが誇りとして語り継がれているそうです。


無い袖から知恵を絞り出すのって、女性の方が圧倒的に得意な気がします。

本作で焦点が当てられているのは、家庭を持ちながら宇宙開発に奮闘する女性たち。同じ家庭人として、頼もしく感じました。

彼女たちを温かく時に厳しく、見守りながら一緒な任務遂行する男性も素敵でした。

個人的にチームリーダーの一人、タラさん(女性)が祈るシーンが好きです。

息子に「科学者なのに、お母さんは良く祈ってるね」と問われて、タラは「科学よりも神の力は大きいのよ」と答えます。

わたしもどちらかというとリアリストですが、人智の及ばない状況では祈ります。

「明日は何がなんでも晴れてくれー」とか 笑

宇宙開発分野の科学者の精鋭でも、神の存在を信じている人間性に、好感と親近感が湧きました。

はらはらドキドキ!
ジェットコースターのような展開の先は、特大のハッピーエンド。

ツッコミどころも多いけど、文句なく楽しいし、幸せな気持ちになれる秀作です。
Smiley0808

Smiley0808の感想・評価

3.8
インド映画は余り観る機会がなくて、大勢で踊ってるイメージなんですけど(古い?) 試写会に当選したことで、思いがけない良作と出会えた。

グダグダのチーム
少ない製作費
これを乗り越えたかと思えば悪天候による遅延。ヒヤヒヤしながら観てました。
為せば成る❗️希望溢れる作品でした。

首相の会見(?)の言葉
「ハリウッドの宇宙映画の製作費よりも
低い予算で成功させました」
ユーモアあっていいですね😁
gosuzuki

gosuzukiの感想・評価

4.0
web試写会にて鑑賞。
インド宇宙開発チームによるアジア初の火星探査機打ち上げの実話。
女性中心のチームが身の回りの知恵によって低予算でロケットを作り上げていく様子が見ていて興奮しました😲
夢に対して前向きになれる映画でした!
GOaLD

GOaLDの感想・評価

4.0
オンライン試写会にて。さすがパッドマンの製作チーム。本作も、実話をもとに一級のエンターテイメントに仕上がっています。女性が大活躍というのがまた時代を感じさせる。
moon

moonの感想・評価

3.8
#ミッション・マンガル
崖っぷちチームの火星打上げ計画

オンライン試写会

アジア初、火星探査プロジェクトを
低予算で達成したインドチームの苦悩と努力
そして栄光の実話✨

女性の強さとそれを厳しくも優しく見守る男性達の包容力があってこそ!!

家事からヒントを得て、難関突破を果たす姿はお見事というしかないっ👏👏👏

色鮮やかなサリーと
楽しいダンスが、やっぱりインド映画🇮🇳の醍醐味だね!!💃





予算もない2軍チームが団結し
火星を目指す姿は、インドならではの明るさと強い女性達👊に支えられていた😆

普通の科学者ではなく、
主婦で育児もやってのけるすごいチームは必見!!

こういうテーマ作品はとかく
苦難が辛くて〜
怒鳴りあって〜
女性はなしで〜
☝️
この間観た、ドリームがそうだったように💦

でも、女性の力を取り入れているインドは、素晴らしいな〜と思った。

もちろん、歴史的に女性が活躍するまでは大変な道のりだったと思うけど

子どもを産みながら、科学者として活躍できる場をみんなで作っていく
だからこそ、こんな偉業を達成できたのだと思う←低予算!!

たくさん観てないけど
インドの映画は元気をもらえる✨
音楽もノリノリで
耳に残ること間違いなし!!👍
オンライン試写にて拝見。

インド映画にしては尺も長過ぎず、歌や踊りも控えめでテンポよく話が進んでくので見易い。"またかよ!"と思うダンスシーンも"待ってました!"に思える不思議。

登場人物達のキャラも立っていて、打ち上げの失敗で閑職に異動させられた主役の方が偉い人に優遇されまくるので、その度に「えっ?」て顔するNASA生え抜きの男のかませ感が最高。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.0
@オンライン試写。
不可能なミッションを結実していく創意工夫と情熱、そして意識改革!クライマックスの爽快さが心地良い・・・主婦の節約術と困った時の再起動は偉大です(笑)
Tommy

Tommyの感想・評価

3.0
アジア初の火星探査機打上げを低予算,閑職チームで成功させた実話。何事も最初から諦める人が増えている世の中。情熱とアイデアが既成概念を壊し不可能を可能にしていく様は痛快だ。インドの先進国への憧れや挑戦に伴う危険な問題にドキッとさせられた。是非ノーカット版を見たい

幾らなんでも日本の上映時間に合わせてぶつぶつ切りすぎ。流石に雑すぎるし絶対大事な所が削ぎ落とされまくっている。そのせいかは分からんがあまりに強引かつ詰め込みすぎに見えちゃうよ。CGもなぁ。うん。
先進国への憧れが招いた危険な問題=パワハラ問題も含んでいるように見えたがこれは果たして意図して見せていたのだろうか
まいろ

まいろの感想・評価

4.5
めっちゃ好きです。
最高です!
とっで明るく、前向きな気持ちになれます。

無謀だとか、大きすぎるとか、そう思われる夢だとしても、いつか必ず叶えられるって信じて一生懸命夢のために頑張るのって本当に大切ですね❤️夢を持つことに意味がある!


クライマックスはテンション上がりました。
regency

regencyの感想・評価

3.5
アジア初の火星探査機打上げに成功したインドの宇宙開発チームの実話。
あらすじだけ聞くと『ドリーム』を真っ先に連想するが、こちらのチームは予算が限られる状況で、いかに効率良くお金をかけずに探査機を作るかがポイントとなっている。
生活の知恵や創意工夫で探査機を作ってしまうあたり、やっぱり頭脳明晰な人材を数多く輩出するインドらしい。リサイクルと節約は大事なのだ。
結末は分かっているものの、やっぱりクライマックスは観ていてテンションが上がる。インド映画らしく間延びしたシーンもあるものの、ポジティブな気分になるにはうってつけな一本。

あなたにおすすめの記事