リーサル・ウェポン2 炎の約束の作品情報・感想・評価

「リーサル・ウェポン2 炎の約束」に投稿された感想・評価

個人的には1より2のが好き。

2人の関係性もいい感じでコメディ色強め。そして安定のアクション。
mitonao

mitonaoの感想・評価

4.0
前作よりもコメディ色強め。
だがこれが良い。
ジョーペシが良い味出してる。
大好きだ!
KATSU

KATSUの感想・評価

3.1
コンビもんとしてはいい作品
sae

saeの感想・評価

-
記録

C(吹)シ②
はる

はるの感想・評価

4.0
BS 朝日
watarihiro

watarihiroの感想・評価

3.9
ある夜、リッグスとマータフは暴走するBMWを追っていた。その車からクルーザーランド金貨が見つかった。その後、麻薬組織が設けた裏金を合法化させた人物、レオを護衛する事になった。ボスの正体を調べたら、南アフリカの総領事で治外法権を理由に逮捕も拘留も出来ず、手を出せない状況だった、、、、。

前作で明かされなかったリッグスの妻の死因が明かされる。リッグスとマータフの関係はより仲良くなっている。

本作で一番爆笑したのは、マータフのトイレシーン。マータフはトイレに座って爆弾がある事に気づく。もし立ったら爆発してしまう。リッグスは爆弾処理班呼ぶが、マータフはおおやけにしないでほしいと懇願する。その後、家の前に野次馬が出てきて、爆弾処理班だけじゃなく同じ警察署の人も現場に来てしまった。

あれは本当に面白かった。こういったコメディ少しあるのはこのシリーズの醍醐味。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.5
ある夜ロスのダウンタウンで、リッグス(メル・ギブソン)とマータフ(ダニー・グローヴァー)の2人の刑事は、暴走するBMWの中から大量のクルーザーランド金貨を見つけた。運転手は逃亡するが、やがて彼は死体となって発見されるのだった。しばらくして2人は、麻薬組織が儲けた裏金を合法化させてきた銀行員レオ(ジョー・ペシ)の護衛を命じられる。邪魔な存在となった今、組織から命を狙われたレオは、かつて一度連れて行かれた組織の影のボスの家を思い出し、2人を案内するが、激しい銃撃戦とカーチェイスの末に捕えた人物は、南アフリカの外交官ラッド(ジョス・アックランド)で、治外法権に守られていることにより彼を釈放せざるを得なかった。事件を嗅ぎつけられたことを知ったラッドは、麻薬取引で儲けた莫大な金を国外へ運び出す準備を始めると同時に、自分の正体を知るリッグスたちを殺そうと企んだ。マータフは自宅のトイレに仕掛けられた爆弾で、危うく命を失いそうになるし、何も知らずにラッドの秘書をしていたリカ(パッツィ・ケンジット)を自分のトレーラーハウスに招いたリッグスは、一夜を共にした後ヘリコプターから激しい銃撃をうける。やがてリカも殺され、かつて自分の妻もラッドに命を奪われたことを知ったリッグスは、怒りが頂点に達し復讐を決意、マータフと共にラッドの家を襲撃するが、すでに彼は逃亡した後だった。ロサンゼルス港に向かった2人は、船に積み込まれてゆくコンテナの中のドル札の束を宙に散らせ、ラッドを倒すことで南アフリカに通じている国際巨大麻薬組織の壊滅を成功させるのだった。
メル・ギブソン主演の大ヒットシリーズ「リーサルウェポン」第2作。
今回の敵は、南アフリカ領事館の外交官一味。外交官特権を使って警察に圧力を掛け捜査すら許されない上に、ロス市警の刑事すら抹殺する冷酷非情っぷり。冒頭から高速道路を舞台にしたカーチェイス、領事館を舞台にしたガンバトル、クライマックスの貨物船での領事館一味との決戦と、メル・ギブソン演じるリッグスの華麗なガンプレイや決死のスタントが増量し、さらにパワーアップしたアクションが楽しめる。外交官特権に邪魔されながら、リッグスとマータフとレオがどつき漫才のようなコミカルな掛け合いをしながら捜査する展開やマータフの娘のコマーシャルを同僚にいじられる件やマータフが爆弾仕掛けられたトイレで危機一髪のところをリッグスが救う件も、ニヤニヤさせられる。クライマックスでは、リッグスの妻の死の真相が明らかになり仲間たちも殺され、バッジを捨てる覚悟で外交官一味と戦うリッグスとマータフの強い友情と怒りが爆発する展開は、シリーズ最高に燃えるシリーズ第2作。
>|