ぶみ

オン・ザ・ロックのぶみのレビュー・感想・評価

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)
3.0
ソフィア・コッポラ監督、脚本、共同製作、ビル・マーレイ、ラシダ・ジョーンズ主演によるドラマ。
夫が浮気しているのではないかと疑い始めた主人公が、父親に相談し、二人で夫の行動を調査する姿を描く。
主人公となるスランプ気味の作家ローラをジョーンズ、人生経験豊富な父親フェリックスをマーレイが演じており、この二人を中心に物語は展開。
浮気を疑うローラがフェリックスとともに夫を尾行していく様は、スリリングかと思いきや、素人らしく何とも言えない微笑ましいもので、とりわけ画面の中にいるだけで空気が一変するマーレイの存在感たるや、流石の一言。
そのため、特に何がどうと言うわけではないが、ゆったり流れる時間が次第に心地良くなってくる。
私も年代的にはローラ夫妻と同じであるため、ローラ夫妻の視点から観ても面白いし、かたや娘がいることから、将来ローラとフェリックスのような関係になるのも悪くないなと感じた一作。

A24の人だわ、あいさつしないと。