くう

2人のローマ教皇のくうのレビュー・感想・評価

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)
3.8
世の中がSW初日に沸く中、2人のじいさんを観てきた。

コンクラーベ作品は『ローマ法王の休日』の描き方が面白かったけれども、こちらは思っていたよりずっと真面目で人間模様が痛々しくて美しくて泣けた。

神は存在するのか寄り添ってくれているのか、なぜ「沈黙」するのか、赦しはあるのか。

宗教家ですら「人種」や「民族」や「政情」に振り回されるという事実を、それでも立ち向かっていく強さで見せてくれる。

祈るように観る作品。クリスマス前に見られて良かった。