2人のローマ教皇の作品情報・感想・評価・動画配信

「2人のローマ教皇」に投稿された感想・評価

きなこ

きなこの感想・評価

3.9
2020/2 視聴分record

_
MUTRON

MUTRONの感想・評価

-
辞任したい2人のお爺さんの根比べの話。

この物語は以下の事実に基づく、フィクション。

・2005年4月、教皇ヨハネ・パウロ2世が死去。

・その後、コンクラーベにより、ドイツのヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿(ベネディクト16世)が教皇に選出される。

・2013年、教皇ベネディクト16世は退位を発表し、コンクラーベでベルゴリオ枢機卿が教皇(フランシスコ)に選出される。

保守派と革新派の教皇へなぜ変わったのか?また、それだけではなく、指導者の苦悩、ウイットに富んだ会話、人として大切にするべきこと、生きる上での心構えや、人を赦すことなど、この作品を通して学ぶことができる。

実話に基づくフィクションコメディー映画🎬
〇映画、小説などは、ときに見るもの(読むもの)にまったく縁のない世界を見せてくれるわけでそこも頼りになるけれど、これは宇宙戦争等にも増して相当数未知の景色が描かれていて新鮮でした。
〇とはいっても中身は戦い、友情。少年漫画の定番キーワードが老人界で炸裂! 手に汗握り、ふと涙も誘う。この作品の2人は、「アイリッシュマン」の老人たちよりもやっかいでした。アンソニー・ホプキンスに助演男優賞。
@ネットフリックス
riku

rikuの感想・評価

-
記録用
角砂糖

角砂糖の感想・評価

3.4
打ち解けあうおじいちゃんがかわいい、ピザとサッカーがハイライト
途切れ途切れで見てしまったんだけど、最後の方のおじいちゃん同士の他愛もない会話とか微笑ましすぎてニヤニヤしてしまった。
教皇も普通の人みたいに悩むし人間なんだなって思った、すごく心あったまる映画だった。もっと間もちゃんとみとけばよかった、、、、。
まだ私はこれを観て、面白いって思えなかった...くやしい..

もう少し大人になってから再び観みてみたい
こうゆう二人の役者のやり取りで
進んでく映画好きです!
>|