トムトム

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者のトムトムのレビュー・感想・評価

2.5
まさかここに来てタイトルを回収しに来るとは思いませんでした。

監督は「ラブライブ」などの京極尚彦監督。
クレしんとしては新規の監督なので期待しましたがイマイチ乗り切れませんでした。

全体的にストーリーのテンポが悪く、ギャグのキレもイマイチでした。

しんちゃんがクレヨンで生み出したキャラの他にプリンセスや母を救うために奔走するユウマと単純にキャラクターの数が多すぎた様に思います。

しかもそれぞれのキャラクターに視点が変わってドラマが展開することも多く全体的に散漫なイメージです。

ユウマくんは風間くんで代用できたのではないでしょうか。

クレヨンで生み出されたキャラ達との別れのシーンは良かったですがタメがあまり無く唐突に感じることもありました。

きゃりーぱみゅぱみゅと山田裕貴のアフレコはなかなか良かったです。

しんちゃんやひろし、ぶりぶりざえもんと近年声優が交代したキャラもあまり違和感は感じませんでした。

定番のクレイアニメはやはりOPに持ってきて欲しかったです。