i-新聞記者ドキュメント-の作品情報・感想・評価・動画配信

「i-新聞記者ドキュメント-」に投稿された感想・評価

Kaori

Kaoriの感想・評価

-
フィクション「新聞記者」を観てからの本作。
真実は真実なのである。
あっちはやっぱ盛ってるんだ。と思う。

望月記者著の新書「新聞記者」と
本作の時系列がほぼ同じ。
読んでたこともあり、
内容はのみこみやすかったが
未読の人は観てから読んでほしいなと思う。

作品そのものは
もう一歩 違う踏み込み欲しかった。
ちょっと物足りない感あり。
shun

shunの感想・評価

-
政治1mmも知らないからおもしれえ
とり

とりの感想・評価

4.0
最後のパリ解放の写真と森達也さんのメッセージがぐっときた。

自分自身の主義主張を持つことの大事さ。

目的が、異なる意見の排除に変わっていないか。

改めて、自分なりのバランスを取りながら生きてこと思えた。
nozomi

nozomiの感想・評価

-
『A』にしても『FAKE』にしても、森達也はいつも一人称単数の視点で撮っていたなあって思い出した。たったひとつの「真実」なんてない、ってことだよね
それにしても仕事ってなんなんだろうとまた思ってしまった。わたしは理念ばっかりで空回りしてるけど、みんなどう折り合いをつけてるんだろう?気になります
森達也監督は、ドキュメンタリーという作品の本質を本当に良く理解して、制作している監督だと感じる。
本作も、本当に秀逸。
そもそも、映像は、嘘を付く。全てをフィルムに収められない上に、編集が出来てしまう。
ただ、菅官房長官を見つめる、望月記者の目や、安倍総理の前で、対立する右翼と左翼の、叫びは、本物だった。

当たり前のことを当たり前に出来る人が1番尊いと思うんですけど、望月記者が、普通のことをやってるだけで、デモになったり歪んでるよ。

この作品を見て、色んなことを考える人が増えて欲しいから5にしました。
虎太郎

虎太郎の感想・評価

3.6
強い!
あんな強い気持ちで毎日過ごすなんて私には絶対出来ないΣ( ꒪□꒪)‼

本当凄いと思った。
空気を読みすぎて、相手の顔色伺いすぎてたら世の中変えられないもんね。
本当凄いわ…。

それでいてお子さんもいるんだもんね。

全然違う視点かもしれないけど…
あれだけ打ち込める仕事があるって幸せだよなぁ…。
JUN3

JUN3の感想・評価

3.0
難しいな。
簡単には書けないけど
もっと勉強しなきゃいけないなぁと
思いました。

わからないことに
恥ずかしさを覚える。
さかい

さかいの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

おやおやこれはこれは、2019年の作品でありながら
農家の生まれのたたきあげでパンケーキ好きの令和おじさん菅現首相がふんだんに出演なさってるじゃないですか

本当に、出るわ出るわ
この中のどれもがいまだ解決もされず責任も取られも果たされてもおらず、それであの後さらにコロナで色々あって、報道への容喙もさらに悪化し今にいたる。
これからも色々ある。アレとか中止だ中止!と言いたいが実際どうなるのかわからない。
再上映にあたって最後の方のアニメ部分が追加・手直しされたらしいがあの意図はなにか?
落書きの特撮みたいなアニメ。ああなったらいいのになってことか?それでは絶望じゃないか
現実がつまらないから映画を観るんだ
いくらドキュメントだからって、すこしは手加減してほしい
PIzza

PIzzaの感想・評価

-
2020/10/19
hamadon

hamadonの感想・評価

4.2
新聞記者の望月さんのメンタルの強いこと強いこと!

菅総理、もとい菅官房長官との質問のやりとりと、望月さんの質問を遮る妨害行為。これでいいのか日本は。望月さんが質問するたびに鬱陶しい顔が表に出てしまう菅さん。菅さんが総理になって望月さんは何を思うのかなどの続編希望します。

東京新聞の同僚の方が言ってた、『空気を読まないで質問することが記者の役目』という言葉が響いた。
世界的にも異例な記者クラブ制度の大きな壁。
いい加減身内だけで開かれる形式的な記者会見やめましょうよ。
>|