リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ」に投稿された感想・評価

リアムはカリスマ性よね。フロントマンとしてあそこまでオーディエンス煽れるのすごいとおもう。
み

みの感想・評価

-
レノン、ジーンとのやりとりに癒される。若いファンとの交流も微笑ましい。スタジオでの生き生きとした姿には嬉しくなった。
くそまじめになってるけど、放蕩息子な雰囲気は消えてなくて、なに考えてるか分からなくて、なにも考えてないかもしれなくて、とにかくロックンローラー
まさかのリアム・ギャラガーの自伝映画。OASIS解散後の挫折、復活を映像とコメントで構成された内容でした。リアムの周りに愛すべき人達がいて、これからも音楽を続けてく。唯一無二のフロントマン。
さと

さとの感想・評価

-
リアム好きな人ごめんなさい。
オアシスが好きな自分にとってはリアムに寄りすぎてて何とも言えない気持ちになりました。
でも彼がまた活躍できてよかったなとも思ってます。

評価するのもおこがましいですが前述のような気持ちになったのも確かだけど、見てよかったです。
マサ

マサの感想・評価

3.5
良かったね。
復活して。
ビーディーアイは
ダメだったよね。サマソニで見たけど
何か足りない…そうノエルです。

そしてソロになって
帰ってきた❗️

ソニマニで見たよ。最高にカッコ良かったです。

日本に来たら見るよ。

因みオアシス復活とか期待してないから
復活したらダサいですよね。

映画としては…こんなもんだろ。
この映画。
May

Mayの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

フロントマンとしか見せなかったリアムの人間味溢れる部分を見せられて驚愕
singer

singerの感想・評価

3.5
2009年、3月25日。
インテックス大阪でoasisのライブを見た。
20代の頃から大好きなバンドで、ずっとその音楽を追いかけてきたけど、なんとなく、その日のライブで自分とoasisには一区切り付いたような気がしていて、同年の8月に、バンドはリアムとノエルの兄弟喧嘩をきっかけに呆気なく解散した。

http://kj1107.seesaa.net/article/116800969.html
↑こちらが2009年3月25日のライブのレポートです。

この映画作品は、そんなoasis解散から、現在までのリアム・ギャラガーのキャリアを総括する、ドキュメンタリー映画。

自分は、その後のリアムには、正直、あまり心を動かされていなかった気がします。
Beady Eyeもアルバムは買ったものの、然程熱心に聴き込むようなことも無かったし、
フェスで来日しても足を運ぶ程の魅力も感じていなかったし、
そういう意味では、自分の中では”終わった人”という位置付けのアーティストになっていたと思います。

そのまま、時間は流れて。
2020年にSpotifyの配信で聴いた「MTV Unplugged(Live At Hull City Hall)」で、
リアムが、かつてのoasisの楽曲を歌う、その歌声が、とても優しく、包み込むような包容力に満ちたものになっているように感じたんですが、その理由が、この映画を見て、少し理解出来たような気がします。

それは、紆余曲折を経て、彼が人間的に大きく成長し、家族や仲間達と、とても良好な関係に居る事で、人生がとても充実しているという、そんな充実感から自然と滲み出てくるものが、とても温かく、優しさを感じさせてくれてるのかなぁと、そんな事を思ったりしました。

そして、去年のクリスマスシーズンにリリースされた、リアムの初のクリスマスソング「All You’re Dreaming Of」。
この曲を聴いた瞬間、とても幸せな気分が込み上げてきて、「なんて素晴らしいメロディなんだ!」と心が大きく動かされたのを覚えています。
この曲は、もう多分、これから何年も、クリスマスシーズンに愛聴するだろうなと思うし、oasis時代も通して、彼の書いた曲の中でも、最高のものだと思っています。

♪「All You’re Dreaming Of」/LIAM GALLAGHER
https://open.spotify.com/album/39HlpdRyMUPOq8tHeID6U4?si=lsTuag25RSC51xKhxbRK1g

今作「AS IT WAS」は、リアムの波乱に満ちた人生の、ほんの一部分に過ぎないとは思うけれど、それでも自分が好きだったoasisのリアムより、なんだか身近な存在になったような気がして、改めてまた、ソロアルバムを聴き返してみたいなぁと思わせるような、そんな映画作品でした。
考え中

考え中の感想・評価

3.5
両手を後ろ手に組んでのけぞって歌う
この人は典型的なボーカリストタイプ
気分屋で人を有頂天にも奈落にも放り込める
みんなを巻き込んでみんなに構ってほしい
どんなに愛想をつかしても
この人が恋しくなってしまう
鼻にかかるうねった歌い方が好きだった
フジタ

フジタの感想・評価

5.0
「自分の面倒は自分で見ろよ。」って言うところがめっちゃかっこよかった。俺も毎朝ランニングしよかな。

似ている作品