magnolia

X(エックス) 謀略都市のmagnoliaのレビュー・感想・評価

X(エックス) 謀略都市(2018年製作の映画)
3.0
『Lukas』と近似値、音使いに特徴があり、スリリングな職業のひとり親家庭で、過去は曖昧
ジャケ写はミスリード、ドンパチはほぼない

主人公の拡大される息遣いとそれが止む瞬間の差がとても効果的、主人公の呼吸に取り込まれる、主人公の全体的に"掠れた"雰囲気と相まってヒリヒリする心情が良く伝わってくる
グロくはないが、死に損ないがウロウロと這い回るシーンは壮絶

こちらの犯罪は大義に基づくものなのは分かったが、主人公以外の個人に焦点が当たらないので、個別の殺人にも拘らず加害者被害者ともに人選理由が不透明、転属同僚も速攻昇進以降は立ち位置不明で使い捨てな印象、やや物語として中途半端